2021年10月13日

765

日本国のの独立

 国賊売国奴戦犯」征伐

 日本国が真に独立するためには、国民が卑劣な暴力・弾圧に怯む(ひるむ)ことなく、第2次世界大戦の歴史の真実を究明して、戦犯は戦犯でも、アメリカ日本植民地化に積極的に協力することで、断罪・断獄(絞首刑)を免れた売国奴戦犯征伐することである。

 日本国憲法第15条:公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

 国民主権原理の下、憲法15条で保障されている投票権の行使なら、機動隊にこん棒で殴られること、逮捕されること、投獄されることも、密室状態の監獄で拷問されて殺害されることもない。密告されて職場で差別されたり、虐めに遭うこともない。

 選挙権行使こそ
国民最強武器である


売国奴戦犯系である

安倍晋三が「」右翼は「」デマ
安倍は単にデキの悪いチンピラ

◎自衛権は国際法で確立した権利である

 アメリカが売国奴戦犯に日本植民地支配を実質代理させていることこそが、日本国自衛権侵害である。

 自衛隊は国民に絶対の信頼がある。自衛隊員は優秀である。日本の自衛は自衛隊に任せる。売国奴戦犯族はこれ以上、国と国民を食い物にするな。

   
   
   


戦争は殺戮ビジネス
元日本海軍兵 瀧本邦慶


但し、与野党区別なく
売国奴戦犯族には投票するな
見極めが肝心

大日本帝国陸軍(人体実験班
731部隊
解体されていない

 731部隊は人体実験データと引替に、大日本帝国陸軍から「アメリカ陸軍フォートディートリック基地の生物化学兵器研究所」移管され、その後、サンフランシスコ市内のプレシディオ陸軍基地内にある下士官集会所で、同行した池田勇人蔵相の同席を許さず、GHQ傀儡の主席全権代表・吉田茂ただ唯一人が単独で署名した、国家間の条約の体裁をとった日米安全保障条約によって、アメリカ軍として日本に派遣され、駐留しているアメリカ占領軍生物化学兵器開発研究部隊である。但し、戦後の人体実験の材料は日本人の生きた肉体である。
 売国奴戦犯吉田茂個人とアメリカの条約の形に捏造した
密約による、駐留は侵略であり、国際不法行為である。ポツダム宣言と同じくアメリカ一国芝居だった。
 アメリカが民主主義国家・自由主義国家というのは、CIAが作った偶像である。アメリカは武力で世界征圧を目論む暗黒国家である。アメリカの偽善が戦後の日本社会を狂わせた。

 薬害エイズ事件の被告会社。敗戦から僅か4ヶ月後の1945年12月に設立された化血研(化学及び血清療法研究所)は、731部隊が作った「日本フォートディートリック」と言われる。どこから金が出たのか。

 占領とは
 一国の領域の全部または一部が、その国の正当な権力以外の軍事力のもとに入ることで、
立法行政司法全般に渡る統治活動である。アメリカは売国戦犯を使って政府中枢を掌握した。

 日本には海外領土を放棄させておきながら、朝鮮戦争苦戦を強いられたアメリカは、サンフランシスコ講和条約(或いはサンフランシスシコ平和条約という)の締結を急ぎ、日本をアメリカ陣営の中の同盟国として再建強化する政策をとるが、日本が連合国(48ヵ国)との間で講和条約を結び、日本主権国家になった後も、アメリカが日本を占領統治を続けることは、国際法に反することで都合が悪いから、満州アヘン密売実業部隊系の売国奴戦犯(吉田茂・岸信介・池田勇人・佐藤栄作)を歴代の総理大臣にして、戦後76年間も詐欺同然の占領統治を続けてきた。

 アメリカの日本植民地化目的は、アメリカの武器商人戦争屋利益のためである。

 1  憲法9条改正して、アメリカがやる戦争に日本を参加させるために、「日本戦争ができる極東アメリカの軍事基地)」にして、アメリカがこれまで介入・侵攻して起こした戦争(朝鮮戦争・ベトナム戦争・アフガン戦争・イラク戦争)で失った人員の補給で、自衛隊員をアメリカ兵にする。
 
バイデン大統領は13日、「私たちは20年間で1兆ドル(約110兆円)以上費やした」と述べ、2021年8月31日の(アフガンからの)米軍完全撤退を改めて表明した。アメリカ国内では、これほどの国民的な犠牲を払って、侵略戦争を継続することに、反戦機運が高まっている。アフガン戦争では米兵2400人が犠牲になり、2万人以上の負傷者(うち重傷4500人余り)を出した。(2021年8月22日付「長州新聞」) 
 
   日本人を人体実験の材料にしてやる「生物化学兵器開発研究(トルーマン大統領の3C)」及び「超高額がん創薬とその最先端医療機器産業育成(ニクソン大統領がフォートディートリック基地で発表した国家プロジェクト)」。つまり日本列島を人体実験列島にする。 

■アメリカと売国奴戦犯の密約の内容
 
アメリカはアヘン密売実業部隊に対しては「CIA工作員」になることで、731部隊に対しては「人体実験データ」と引き替えに、戦争犯罪を問わない。

トルーマン3S

トルーマン【終戦時の米国大統領】の有名な言葉

(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。これで、真実から目を背けさせることができる。は、我々の家畜だからだ。家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。そのために、我々の財産でもある家畜肉体は長寿にさせなければならない。(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。
これによって、我々は収穫を得続けるだろう。
これは、勝戦国の権限でもある。
 

 残念ながら、今の日本は、トルーマンが言っているとおりの世界になっている。売国奴戦犯を使って、トルーマンが推奨した「3S政策」が長年行われた結果、「愚民化政策」懐柔策)が根付いてしまった。

トルーマンの潜在意識にあった猿
サル扱いで生体実験



毎日新聞(夕刊) 1981年(昭和56年)

 「サル」扱いで生体実験 関東軍細菌部隊
 元軍医「戦時の常識」と平然 戦犯追究だけが怖かった

 池田苗夫は「流行性出血熱の本態に関する研究」の中で、「健康人丸山某の下腹部に毒化虱を付着させて、発症させた」と書いている。731部隊の軍医たちは、日本人も生体実験の餌食にしていた。

 生物兵器(細菌兵器)開発・研究では、731部隊の方がアメリカより進んでいた。だからアメリカは何が何でも「人体実験データ」が欲しかった。

【まとめ】
  アメリカの狙い。最後は日本を
ハワイ州に次ぐ51番目にする。

沖縄  アメリカの極東の軍事基地にする
自衛隊員  アメリカ兵にする 
日本列島  日本人(猿)を生物兵器開発の実験材料にして、日本列島を人体実験列島にする 









 売国奴の岸信介の血が流れている安倍晋三が、アヘンまみれの汚い金(さい銭)を持って、日本国と日本国民に命を捧げた英霊を祀る、靖国神社に行ってはならない。身の程知らず、恥知らず。戦犯を連れて帰れ。ついでに言っておく。売国奴に右(翼)も左(翼)もない。人間で無ければ、日本人でもない。売国奴は二度と日本人に戻ることはできない。


売国奴・畜生 
 
英霊が眠る靖国参拝とは汚らわしい

の根源は売国奴戦犯

 中国が目覚ましく力をつけてきた近時、中国・ロシア・北朝鮮の3国による、極東の包囲網は一段と狭まり強化されてきた。日本領土奪い合いの戦後処理で、不満が残った3国の対決相手はアメリカである。あてにしていた売国奴戦犯の大ボス・岸信介の孫・安倍晋三は、できが悪く、役に立たない。アメリカの大きな誤算だった。早く見切るべきであった。アメリカは焦っている。

 日本は1945年8月14日にポツダム宣言を受諾した時点で、それまで持っていた海外の領土をすべて放棄した。だから、アメリカがソ連に朝鮮半島分割占領を言い出して、2国で8月16日に38度線を境に南北に分割した朝鮮半島で、1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争において、日本は戦争の当事国ではあり得ない。アメリカに沖縄から出撃されて、巻き添えを食らっただけである。

 朝鮮(戦争)特需で潤ったのは、負傷したアメリカ軍兵士の輸血需要に応えるために、1950年11月20日、731部隊、政界、官界、財界の売国奴戦犯が一丸となって作った、血液銀行「日本ブラッドバンク」で、岡野清豪国務大臣を取締役会長に据え、他取締役の要職を731部隊で占めた、アメリカの傀儡政府「第3次吉田茂内閣」の国策事業だった。この会社がミドリ十字となって、薬害エイズ事件を起こしていくことになる。もう1つの被告会社が化血研である。

戦後の731部隊長内藤良一

 1931年京都帝国大学医学部卒業。1937年(昭和12年)からヨーロッパ、アメリカ(すでに生物兵器のための人体実験が行われていた)で、情報収集をおこなった後、陸軍軍医学校防疫研究室の責任者として、731部隊が主導した細菌兵器の開発・研究や人体実験にも関わった。帰国後、東京・戸山の陸軍軍医学校(医師を軍医にする学校)で、終戦まで軍医教官として勤務した。最終階級は陸軍軍医中佐。ミドリ十字の創業者(初代社長)。日本ブラットバンクでは代表取締役専務(実質の社長)。
 1945年(昭和20年)、内藤は、731部隊が主導した細菌戦および人体実験に関する、重要参考人としてGHQの尋問を受けた後、マレー・サンダース中佐に「調査に協力しなければ、、東京裁判にかける」と通告されて、その夜、徹夜で報告書を書き、同部隊の組織図を提出して、人体実験の事実を大筋認めた(ただし、細菌部隊に関するアイデアはすべて、731部隊長であった石井四郎中将のものだったと主張した)。この点、戦争責任をすべて東条英機におっかぶせた、アヘン密売実業部隊系の売国奴戦犯の岸信介とよく似ている。

第3次吉田茂内閣   サンフランシスコ平和条約
 
日米安全保障条約(1951年)
第5次吉田茂内閣   自衛隊発足(1954年) 
第1次岸信介内閣   日米新安全保障条約(60年安保) 強行採決 

 アメリカは広島・長崎に投下した2発の原子爆弾で、戦後世界の主導権を握った。CIAの金で総理大臣になった売国奴戦犯2人(吉田茂・岸信介)は、戦争を放棄したはずの日本を朝鮮戦争の当事国にすり替えた。
 日本植民地化の最後の仕上げを託された安倍晋三は、「アメリカに有事の際には守ってもらう」と惚けたことを言う。金と基地を供出させられて、支援を強いられているのは日本の方である。日本がアメリカに食い物にされても黙っているのは、
売国奴戦犯というCIA工作員用心棒がいるからである。

 戦後の世界情勢を歪めたのは、アメリカの
「日本売国奴戦犯」を使った世界制覇の陰謀にある。アメリカは第1次・第2次の世界大戦から何も反省していない。戦争ビジネスにばく進するばかりである。

 
 北朝鮮は「米国本土を直撃するミサイルを開発したとか、開発する」と息巻いている。だが「日本を撃つ」とは言わない。日本を撃つ口実がないのだ。

 第2次世界大戦後、人類初の核兵器を使って一国勝ちしたアメリカこそ、人類が生存していくために「戦争放棄」を宣言すべきであったのだ。国土が焼け野原になった敗戦国の日本が、「戦争放棄」を宣言したことで、日本国民が皆殺しにならなかったことは確かであるが、その他には。

 アメリカもビジネスではなく、国民一人、一人の「命」(人命尊重)を第一に考えを改める時に来た。アメリカ国民も武器商人・戦争屋の奴隷ではない。

 敗戦国の日本国民は戦争放棄で二度と戦場に行かなくても良いことになったが、戦勝国のアメリカ国民は、国が戦争放棄をしないかぎり、戦場に駆りだされるのだ。

 敗戦によって、日本国民は平和へのキップ」を手に入れ、勝ったアメリカ国民が手にしたのは「戦争泥沼地獄行きのキップ」である。

 平和とは戦争のない世界のことで、戦争連鎖を断ち切るには、アメリカ戦争放棄するしかない。

20年続いた化石燃料が狙いのアフガン戦争の終結



サイゴン陥落で逃げ出すCIA工作員(1975年)

 サイゴン陥落彷彿とさせる米軍逃亡 
 アフガンが米国の侵略撃退

 アメリカはフランスが惨敗した後のベトナムに侵略して敗北、アフガンでも旧ソ連が敗退した後に侵攻して大敗北を喫した。1990年のソ連崩壊による米ソ二局構造の崩壊後、「一強」を豪語してきたアメリカの敗北は、現在世界を動かしている真の主人公がアメリカなど一握りの大国ではなく、
民族独立主権を身体をはって守る無数人々であることを示した歴史的証左となっている。(2021年8月22日 長州新聞)  
 

インターネット売国奴戦犯体制終焉

 こういう状況下で、戦後、国内で日本国民材料にして行われている、売国奴戦犯731部隊現在進行形人体実験犯罪が世界中に発信された。

2020年(令和2年)3月20日付き日刊ゲンダイ

 新型コロナウイルスによる集団感染で13人の死者が出た、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内は、新型コロナウイルス培養器だった。

英霊の導き

 そしてもう1つ。冨嶋が昨年2020年10月に疑惑を持ち、今年2021年3月になって、思いがけない展開があり、戦後731部隊に支配されてきた「医療界実態」を、国民に暴いて見せることになった。英霊の導きである。

 731部隊はあくまで多量殺人を目的とする軍隊であり、医療機関ではない。

731部隊解体されていない

 三千人以上を生きたまま人体実験した731部隊は、アメリカと密約を交わし、人体実験データと引き替えに免罪されて、戦後、厚生省医学会頂点に収まったのであり、731部隊は解体されていない。一方アヘン密売実業部隊を政権与党に据えて、両部隊を売国奴にして、日本植民地化を達成することが、アメリカの基本戦略である。

 人体実験データと引き替えに断罪・断獄を免れた731部隊は、アメリカ陸軍軍門に降り、トルーマン3Sにある「化学物質などの実験材料」に「アメリカの家畜である日本国民の肉体」を使って、軍事面と経済面の両方で、アメリカの利益のために人体実験を続け、戦後76年が経った現在では、日本全国の医療機関の隅々にまで人体実験網を張り巡らしてきた。売国奴戦犯731軍隊が人体実験工場にするために、医療機関をほぼ征圧した。

 ■京都府立医大の人体実験


2013年(平成25年)4月11日付き毎日新聞

 「動物実験せず臨床試験」とは「人体実験をやった」ということである。

 731部隊で乳幼児を冷水に漬けて、温度変化を観察した、残酷な凍傷実験を行ったとして有名な、731部隊第1部第3課長だった吉村寿人が、戦後、第21代の京都府立医科大学学長である。→吉村は日本学術会議南極特別委員、生気象学会会長もやっている。
 1981年に日本生理学会で行ったタイトル
「生体実験堂々講演」で問題になり、その後学長を辞任した。勲三等旭日中綬章受賞
 売国奴戦犯は全員、もれることなく高位の勲章をもらうが、勲章の出所はどこか? 大日本帝国陸軍の亡霊か? アメリカ合衆国か? CIAか?
 売国奴戦犯を使った
日本国民愚民策は過去のことではない。現在進行形で、しかも大詰め段階にさしかかっている。 

 勤務医は731部隊の人体実験殺人マシーンのロボットにされている。白衣を着てパソコンの前の椅子に腰掛けているだけである。精度の高い億単位の高額機械を買うことのできない開業医も同じである。機械が診断し、機械が処方箋をインプットする。勤務医・開業医は731部隊の命令に従わなければ仕事ができない。食っていけない。医師個人で731部隊に刃向かう力はない。勤務医・開業医は残存731部隊に怯えている。
 731部隊が支配する医療界は「アメリカ陸軍生物化学兵器開発研究
人体実験部隊」に組み込まれた軍隊である。仕事の基準は効率である。患者の命は問題でない。手っ取り早くカネになればいいのだ。例え失敗して患者が死んでも、裁判所が「過失なし」にする仕組みになっている。裁判所は「政界・官界・財界・医療界などの売国奴戦犯の犯罪ロンダリング機関」である。CIA支配下の裁判所の汚職国家公務員である裁判官インチキ判決“神声”である。医師が裁判で特別待遇を受けるのは、医師が「売国奴戦犯731部隊員」だからである。戦後、天皇が神から人間に降臨し、職業裁判官が神に天上った。

 医師が医師本来の仕事(治療・救命)をしない。
 白衣を着た殺し屋がウヨウヨの医師不毛時代である。 
 
731部隊武器薬(剤)である。



2014年(平成26年)6月12日 毎日新聞

 東京女子医大の医師は、大人より子供の方が「死と隣り合わせの鎮静力」が強い、基準量より大量に投与した方が強力に鎮静力がある、しかも禁止鎮静剤なら抜群に鎮静力が発揮されて死に至ると、禁止鎮静剤の大量投与による殺傷力を観察をしたのだった。殺傷力を試すのは戦場でやることで、本件は63人の小児に禁止鎮静剤(プロポフォール)を大量に投与して、12人の命を奪った人体実験大量殺人犯罪である。
 担当の麻酔医は「プロポフォールは人工呼吸中の小児への使用は禁じられていること」を知りながら、首のリンパ管の手術(首にできた良性の腫瘍をとる手術)後、集中治療室で、人工呼吸中にプロポフォールを投与されて急死した2歳男児には、成人に換算すると、通常の2.5〜2.7倍の量を使っていた。
 
【プロポフォール】
 主に成人の処置に使用される鎮静剤。即効性があり、手術時の全身麻酔にも使われる。人工呼吸中の小児への使用は禁じられている。2009年に死亡した米国の人気歌手、
マイケル・ジャクソンさん(当時50歳)の死因は、プロポフォールの過剰投与だったとされる。

 戦後76年が過ぎ、英霊国民に売国奴戦犯征伐の武器肺がんキラー注射(剤)」を授けてくれた。

    2021年3月9日、山口県下関市のクレスト整形外科上田章二院長が、肺がんが進行して、背中・肩・腕に激痛を訴える冨嶋克子の右肩に、2回目の「炎症」と「痛み」をとる注射を打って、3時間後、肺からがん細胞ガーン弾丸のような衝撃で飛び出した。その瞬間、背中が伸び、呼吸がスーと楽になった。

 
“デキサート注射液3.3mg”
 合成副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)製剤

  大学病院や総合病院の肺炎・肺がんの専門診療科の「呼吸器内科」ではなくて、開業「整形外科」の外来で、
肺がんキラー注射(剤)が見つかった瞬間だった。肺以外の「他の部位のがん」にも効く可能性がある。
 しかも、一緒に打ったコカインに類する局所麻酔剤
(プロカイン塩酸塩注0.5%「トーワ」1ml1管)と合わせて、薬価は2剤で18点。 

 1年前に医療ガバナンス上昌広理事長が世界に発信した、勇気ある告発陸軍伝染病研究所DNAを引き継ぐ感染症研究所が仕切る、新型コロナ対策人体実験が行われている」があって、妨害・弾圧されることなく、戦後、日本国民を材料にした売国奴戦犯731部隊の人体実験犯罪網が、医療機関全体、開業医院の末端まで覆いつくしている恐怖の現実を、インターネットに乗せて、日本国民に伝えることができることになった。ナチスのホロコーストの比ではない。

売国奴戦犯731部隊最大軍資金作り

 「細菌兵器製造」と同じ着想とやり方で、患者の肺を肺がん製造工場」にする人体実験日本国民殺戮ビジネス
 肺炎を治療しないで肺がんにして、高度先進医療と称する超高額の「手術の施行」と「薬の投与」によって軍資金を作る。利益の大方はアメリカCIAへの上納金になるであろう。

「冨嶋の肺がんの原因」と「事件のあらまし」

日本人の死亡原因の1位は男女とも「がん」
部位別では気管支および

 アメリカ兵8名を生体実験した前科のある九州大学病院の配下にある、独立行政法人地域医療機能推進機構「下関医療センター」(元下関厚生病院)では、健康診断で肺炎疑いがある患者を「呼吸器内科」に回し、肺がんになるまで、肺炎治療をしないで、肺がんになると研究・開発中の薬剤を使って効果を実験する。或いはバックマージンの大きい薬、或いは超高額の薬を勧める。どちらも治療ではなく、人間の命を金儲けにする。
 肺炎の治療をしてもらえないで、どんどん肺炎の重症化が進んで、肺がんになる前に、肺炎で命を落とす者もいる。肺炎の治療をすれば、肺炎が治って、肺がんにならないで、健康を取り戻すケースも、当然あるはずである。試薬の副作用で亡くなる者もいる。不都合な事態では治療を装った口封じの毒殺もある。戦時でも国際法は「捕虜ですら苦痛を与えてはいけない」と決めている。

 売国奴戦犯731部隊白衣軍隊である
 平気で人を殺す

 国民は不老不死の薬を求めていない
 100歳健康寿命
満足

  昨年2020年(令和)1月29日
 
下関医療センターの付属管理センターで健康診断を受ける。
 結果は「両側下野肺 異常陰影疑い」で「胸部X線所見あり胸部の精査されて下さい」だった。


 
 両下肺野(りょうかはいや) 異常陰影疑い 
  2020年3月20日
 日刊ゲンダイの記事「上昌広医療ガバナンス研究所理事長ー新型コロナ対策で人体実験が行われている」が掲載された。
 4月頃から、60歳以上は「家から出るな」と言われる。 
2  2020年10月01日 1回目の精密検査
 
下関医療センター 呼吸器内科 医師:大畑秀一郎
 
CT撮影
 パソコンの画面に映し出された肺の下部分が、すりガラスどころか、ヘラで石膏を塗りつけたように真っ白に固まっている。

 
「肺がものすごーく傷んでいるが、原因が全くわからない。だが“がん”にはなっていない。通ってこられるなら、私が治してあげる」
 大畑医師は一言の問診もせず、聴診器をあてることもなく、「原因がまったくわからない」と決めつけた。咳、痰、発熱などの症状の確認すらしなかった。
 「次回は3月4日」
 ?????
 この病院では医療の鉄則(
がんの治療の基本)「早期診断・早期治療」はどうなっているのか。
 ?????
 「
来年2021年3月4日。今度は徹底的に精密検査をやるぞ」
 来年まで待っていたら、必ずがんになる。
 「何か薬はありませんか」
 「いやいや、何もしない方がいいの」
 患者が
重症肺炎がん合併する寸前というのに、大畑医師はやけに元気すぎるほど朗らかだった。
 以前から、呼吸をすると、風が泣くように「ヒューヒュー」と音がして、慢性心不全が気になっていた。
 「来たついでに、以前から気になっていた慢性心不全も診ていただけませんか」
 「それ私の専門でないから、隣の循環器内科に行きなさい」
  2020年10月05日 
 
下関医療センター 循環器器内科 医師:中邑友美
 
血液検査:NTーproBNP(心不全の病態把握のための検査)
 結果は「ステージBで、心臓病がこれ以上進行しないように対策(
生活習慣改善薬物治療)をとらなければ、急性心不全を起こす「ステージC」になるというのに、中邑医師は「心不全はNT-proBNPが6000を越えてはじめて心不全診断されるものです。178なんて・・・まだまだ」と、声をあげてゲラゲラ大笑いした。治療拒否「未必の故意の殺人」に該当)である。ナチスの女親衛隊を間近に見るようだった。
 心不全は心臓の状態・症状をいうのであって「病名」ではない。
6000という数値はほとんど治療方法がなくなって、を待つだけの状態である。
 売国奴戦犯731部系の医療機関の特長は
内科でも聴診器をあてない。患者は人間でなく実験材料だからである。
 医師はメタリックの白衣を着た殺人マシーンのロボットにすげ替わり、患者は実験材料にされている。未来の話ではなく、すでに人口26万8、517人の下関市で起こっている、医療現場の実態である。
 他のクリニックでも「ここは聴診器をあてない」と、患者が首をかげていた。人間には考えられないことだからである。日本国民は現実に目覚めなければならない。
 
 

 
 
   そうやって肺も心臓も治療をしてもらえない状況が続いて、10月中旬から月末にかけて強力ストレスがかかる出来事があり、肺から心臓に酸素が十分に行かなくなり、血流(新陳代謝)が悪くなって、左膝に水が溜まり、痛くて歩行困難になった。多分、心不全はステージC近くまで急激に悪化したと考える。 
 4 2020年10月27日
 
クレスト整形外科(初診) 上田章二院長
 
1週間ごとに左膝の溜まった水を抜いて、ヒアルロン酸の注射を打ち、電気治療、理学療法が開始される。

 関節穿刺(片)水を抜く
 
■アルツデイスポ関節注2.5mg 1%2.5ml 1管
 
精製ヒアルロン酸ナトリウム 変形関節症 製薬会社:生化学  薬価・規格:930.0円(1%2 5ml1管)
 本剤は関節内に投与するので、厳重な無菌的操作のもとに行う。

 *ヒアルロン酸
 関節液、関節軟骨などに多く含まれ、潤滑作用(骨と骨の間の滑りをよくする)や緩衝作用(クッションとしての役割)など、関節の動きを良くする。
 
   年が変わり、1月になると、右肩の痛みがひどくなった。筋肉が落ちた。
 2月になると水を入れたやかんを持ち上げることが難しくなり、肘を曲げてやかんからコップに水を注ぐことができなくなった。コーヒーカップも握ることができなくなった。 
  2021年02月22日
 
クレスト整形外科 上田章二院長
 右肩に
炎症をとるために「デキサート注射液3.3mg 1ml 1管」と、痛みを和らげる「プロカイン塩酸塩注0.5『トーワ』1ml 1管」の注射を打ってくれた。

 
■デキサート注射液3.3mg 1ml 1管
 薬効分類名:副腎皮質ホルモン製剤(ステロイド注射薬)
 一般名:デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム注射液
 総称名:デキサート
 製造販売業者:富士製薬工業
 薬価・規格:87円(3・3mg1ml1管)>薬価を比較する
 薬価基準収記載年月:2009年9月
 販売開始年月:1998年7月
 
効能・効果
 抗炎症作用、免疫抑制作用などにより、アレルギー性疾患、自己免疫疾患、血液疾患などの多くの疾患・病態に用いられる薬・・・
万能薬のごとく羅列して記載がある。
 その中で以下に冨嶋に関係するものだけを特記した。
 
がん末期の全身状態の改善 肺線維症
 
変形性関節症 うっ血性心不全
 原則として投与期間は
2週間とする
 警告:本剤を含む
がん科療法は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん科療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本治療が適切と判断される症例についてのみ実施すること。

 
■プロカイン塩酸塩注0.5%「トーワ」1ml 1管
 薬効分類名:局所麻酔剤
 効能効果:浸潤麻酔
 製薬会社:東和薬品株式会社
 薬価:1管あたり92円

 後日知ったが、
背中痛みが強くなったときは、すで肺がんがかなり進行している(肩が切れるような痛み)。 
  2021年03月02日 1週間後
 
クレスト整形外科 上田章二院長
 「肩はまだ痛いですが、からだ全体がすご〜く楽になりました」
 「そんな注射を打ったのです」
 「あの注射は
2週間1回しか打つことはできないけれど、3日〜4日ごとに打てる注射があるから、今日はそれを打ちますか」
 ということで、
「ネオビタカイン注リング 5ml 1管」(トリガーポイント注射)を打ってもらった。

 
ネオビタカイン注リング 5ml 1管
 主成分:サリチル酸ナトリウム
 作用と効果:症候性神経痛、筋肉痛、肩関節周囲炎の治療
 製薬会社:田辺三菱製薬株式会社
 薬価:1管あたり226円

 
*トリガーポイント注射
 トリガーとはピストルの引き金のこと。
 トリガーポイント(押すと痛いツボ)を見つけて、そこに
麻酔薬を注射する。2〜5ヵ所が対象で、皮膚から浅い部分に連続して注射する。合併症がほとんどないために、多くの整形外科で行われている。保険が適応される(東京ブロック注射クリニック)。
 トリガーポイントが起こりやすい場所は、
筋肉付着しているところや、筋肉筋肉付着する部分です。この部分が筋膜化している筋肉のコリを取ったり、筋肉同士の付着を剥がすことがトリガーポイント注射です。

 以後、1週間ごとに
「デキサート注射液3.3mg 1ml 1管」「プロカイン塩酸塩注0.5『トーワ』1ml 1管」「ネオビタカイン注リング 5ml 1管」を交互に打つことになった。

 
 
   2日後の2021年03月04日正午近く電話のベルが鳴った。
 下関医療センターの呼吸器内科からだった(女性の声)。
 「今日は精密検査の予約が入っています」
 「紙に書いて、予約票をあげていますよ」
 「今日はもう間に合わないから、次ぎ来れますか。来週の木曜日午前9時30分。先に血液検査とCTを済ませてから来てください」 
 胸の圧迫感はあるし、呼吸も苦しいから、ついつい前かがみになって、背筋を伸ばすことができない。
 気が進まなかったが、終活のこともあり、
肺がんに進行したかどうか知っておく必要があると考えて、来週の木曜日(3月11日)に呼吸器内科に行くことにした。 
  2021年03月09日(火)
 クレスト整形外科 上田章二院長
 
先に電気療法と理学療法を受けて、午後5時に2回目「デキサート注射液3.3mg 1ml 1管」「プロカイン塩酸塩注0.5『トーワ』1ml 1管」を打ってもらった。
 「そんなに痛いのなら、左の肩にも打っときますか」

 
 橙色の3箇所の線維がくっついて引っ張る。肺がんの中でも
肺線維症の腕・肩・背中の痛みは強烈。小指の先から痛むこともある。

 

 帰宅して、午後8時、パソコンを打っていると、
ガーン、肺から弾丸が猛烈な勢いで飛び出した。
 瞬間、背中が伸び、呼吸が
「スー」と楽になった。
 ちり紙にとって「舌の上に転がっているもの」を見ると、小指の先(1p×1.8p×厚さ3o)くらいの、鶏のレバーと同じ「紫がかったエンジ色の塊」だった。
 ちり紙でつまんで引っ張って中を見ると、真ん中に白い筋があり、ねばねばして、押さえても押さえても、つぶれなかった。
 
がん細胞根っ子だ。
 見れば見るほど
「鶏のレバー」だった。
 それにしても、こういうものが自分で切れて、勝手に飛び出してくるなんて、どういう力が働いたのだろう。
 上田院長がよく勉強されている優秀な医師にしても、ここまで
医学が進んだとは驚きだった。
  
 8 2021年03月11日(木) 2回目の精密検査
 下関医療センター 呼吸器内科 医師:大畑秀一郎
 
採血室で血を試験管に4本採った。
 次ぎにCTを撮った。
 診察室に入ると、大畑医師が満面の笑みで迎えてくれた。
 「もう何の心配もない」
 
いい人だったんだ!
 「私、先月から肩が痛くて、整形外科に通っています」
 大畑医師のペンが走り出した。冨嶋の言うことをどんどん書いていく。
強烈痛み「肺がん(肺線維症)メルクマーク」だと悟った。後で調べてわかったのだが、肺がんはかなり進行していた。
 「クレスト整形外科です」
 「クレストの先生は何の注射を打ったんだろう」
 「私が先週の木曜日に来ていたら、
がんはまだ肺から飛び出してないですよ。2日後の最高のタイミングでしたね」
 「ありがとうね」
 「次は9月2日。
CTを撮るよ」
 肺炎の治療はしないで、たった3分前に「もう何の心配もない」と言って、その舌の根も乾かないうちに、また「精密検査に来い」と言うか。
 「今度はカレンダーに印をつけておきます」
 「少々間違えようと遅れようと、いいたい、いいたい」(熊本弁)
 ・・・・・・・
 大畑医師が血液検査を次回予定しないのは、血液検査の
「KLー6」が基準値500U/ml未満だったからである。
 
特発性肺線維症原因不明難病に指定されており、肺がんリスクが高い。しかし冨嶋の肺線維症の原因はストレスしかない。難病に指定されると公的医療助成の対象になる。
 肺線維症或いは肺がんの原因からストレスを外している理由がわからない。一言「自分では原因が何だと考えますか」「思いあたりますか」と問うてくれた、「
ストレスです」と即答できた。
 売国奴戦犯731部隊は、肺炎患者を途中下車させないで、最終目的地「肺がん駅」に直行するレールを強いている。

 2日前の3月9日に上田院長にデキサート注射を打ってもらわなかったら、大畑医師(売国奴戦犯731部隊・下関医療センター)の狙い通り、肺がんになっていた。
  
   冨嶋は大畑医師から上田院長に連絡して、デキサート注射液を販売している製薬会社と3者で研究を進め、デキサート注射液をさらに優れた効果のある薬にしてくれるのではと期待したが、人間が甘かった。

 デキサート注射液が「がん末期の全身症状の改善」に効くのであれば、がんの疑いを持った初期の段階から使用すれば、がんの進行を止めることができるのでは。そうなると、多くの肺炎・肺がんに苦しむ人が助かる。大畑医師にも上田院長にもやりがいがある仕事だ。

 また肺線維症はがん細胞の切除に成功しても、
後遺症
頸肩腕症候群痛みをとるのが厄介。治療薬はなくはないが、効き目は確認されていない。コラーゲンの改善は10ヵ月以上かかる。リハビリーと理学療法があるのみで、呼吸器内科と整形外科の連携研究と連携治療が望まれる。整形外科を外すことはできない。

 しかし、
2021年3月16日(火)クレスト整形外科を受診して、上田院長に3月11日(木)の呼吸器内科でのことを話したが、聡明な院長が「わからない」を連発して逃げ腰だった。理学療法士は「冨嶋さんの肩の痛みはがんと違いますよ」という始末。その一方で次回精密検査の9月2日はそれは6ヶ月検診」と口を滑らした。

 肺炎の治療はしないで、執拗に
がんになったことを確認のするための6ヶ月検診。精密検査をしたからといって、がんにすることはできないない。がんでないことが判明するだけのことである。治療をしないで、6ヶ月ごとに「がんでない患者ががんになること」を期待を込めてやる検査である。がん細部を臓器に直接付着させれば、話は別である。 

 つまり
下関医療センター呼吸器内科は、がん細胞を取り除く手術(切除する手術)をした後に、がん細胞が完全に取れて無くなっているかを確認する、がんの手術後にやる6ヶ月検診を、まだがんになっていない手術前の患者に、手術後にやる6ヶ月検診を繰り返しやる。がん細胞を追い求める6ヵ月検診である。白衣の軍隊・731部隊にはがん細胞が高額がん剤という財宝である。

 近所のお好み焼き屋で会った女性が「高齢の母親が
が痛いと言うから、(医療センターに)連れた行ったら、医者が肩こりと言って治療をしてくれなかった。翌日も痛いと言うから連れて行ったけれど、何も治療してくれなかった。母は1週間後に亡くなった」と悔しがっていた。超手遅れで、高額な薬を処方する時間もない高齢者は、さすがに6ヶ月検診を言い出せないで追い返す。
 凄まじい金、かね、カネの狂気の
がんビジネスである。
  
 この日はトリガーポイント注射(
ネオビタカイン注)を打つ順番の日だった。

 

 冨嶋と対照的な不幸な(運が悪かった)事例
 
 テレビでも活躍した若い料理研究家・高木ゑみさんが、
肺がんで急逝した。
 昨年2020年2月頃から、高木さんは親しい知人に裏切られる(詐欺)、沖縄の家が火事で焼けると、被害が続き、さらに新型コロナウイルス禍でテレビの仕事ができなくなる。シングルマザーの高木さんは
「大きなストレス」に襲われた。
 普段から強い肩こり症だった高木さんは、整骨院に通ったりしたが、ますます肩の痛みは強くなり、10月に整形外科に行くと、内科受診を勧められ、内科に行くと、直ちに検査入院となった。
 検査結果は肺に“影”が認められ、「ステージ4」の肺がんであることが判明した。1人息子のために必死に闘病(手術不可で放射線治療と抗がん剤治療のみ)を続けたが、2021年3月28日に永眠された。冨嶋が1回目のデキサート注射(ステロイド注射)を打ってもらって1ヶ月後、2回目のデキサート注射を打ってもらって、肺がんの根っ子が肺から飛び出して、僅か19日後だった。
 高木さんのプログには抗がん剤の副作用による食欲低下、吐き気があることが綴られている。12月に一旦退院。ガンマナイフ(腫瘍に放射線を照射して縮小や消失を目指す治療法)の影響で後頭部が脱毛。
 冨嶋は入院不要、苦痛もなく、副作用もなかった。高木さんと冨嶋の生死を分けたのは
デキサート注射(ステロイド注射)だった。

 
がんのみならず、大方の病気の原因にストレスがある。間質性肺炎の原因からストレスを外して、特発性肺線維症として難病指定することに、医学的に根拠があるのか。意図的にストレスを外しているのか。

 医学部内における歯学部出身教授ゆえの特有のストレス

 
大腸がん肝移転 
 原因:
ストレス6割、食事3割、その他1割
 金沢大学名誉教授(歯科口腔外科) 城南歯科医院理事長
 山本悦秀さん(76歳)
 66歳で退職し、永久ストーマを受入れ、今はオストメイト(人工膀胱、人工肛門保有者)として講演を行い、オストメイト認知度を高める活動をしている。

 

 下関医療センターの健康診断は期限が2020年3月31日までのもので、呼吸が少し楽になったので、 
未使用2021年3月31日期限健康診断受診券があるから、肺がんの有無をしっかり確認するため、近くの医院を受診した。クレスト整形外科は健康診断をしない。1件目は本年度の健康診断受付は終了していた。それで2軒目の領家循環器内科でやってもらった。
  2021年03月19日(金)
 
領家循環器・内科 領家勉院長
 
着いたら午後5時を過ぎており、予約だけのつもりだったが、健康診断をやってくれた。
 「他にどこかかかっていますか」
 「クレスト整形外科です」
 「この500円の健康診断は
メタボだけのもの。何か気になるところがあれば、別途お金がいるけれど、追加検査ができる」
 「肺と心臓が弱っています」
 採血の後、大急ぎでレントゲンを撮った。
 「心臓より肺の方が問題だ。血液検査
(KLー6)の結果を見ないと断言できないが、血液検査の結果が出るのが月曜日だが、あなた来られますか」
 結局、月曜日は領家医院の都合で、火曜日は冨嶋がクレスト整形外科に行くため、次回は3月24日(水)になった。
、 
 10 2021年03月24日(水)
 領家循環器・内科 領家勉院長
 
玄関を一歩入ると院内の空気がトゲトゲしい。
 「
がんになっていない。あなた整形外科だけでなく、他の病院にも行っている」
 
「他の病院に行っている〜」
 領家院長はカンカン・ガクガク、唸り声をあげた。
 「肺炎に治療薬はない」
 後日冨嶋がインターネットで調べると、
抗線維化薬(ピレスパ・オフェブ)があった。
 「呼吸が苦しいのは
心臓ではない。よ」
 そう言えば、そうだ。領家院長は1つ本当のことを言った。
 「心不全はない」
 これは口から出任せの
NT-proBNP検査をしていないからわからない。慢性心不全がステージBからステージCに近くまで悪化している。第一に正常であろうとなかろうと「心不全という症状」がなくなることはない。
 「貧血もあるよ。検便をするといい」
 領家院長は
大腸がんを疑った。どの部位のがんでもがんがん。カネになる。
 「容器をあげるから、便をとったら持ってきなさい」
 容器は帰宅してゴミ箱に捨てた。
 領家院長は尋常でない怒りで茫然自失。泣きそうだった。
 医師が「
がんでなかった」と喜ぶのではなく、怒りに震えて、患者を恫喝する。
 白衣の人体実験軍隊
731部隊の支配下で、勤務医・開業医が恐れおののいている。神経が異常をきたしている。
 2021年9月16日、3回目の精密検査で下関医療センターの呼吸器内科を受診したとき、玄関に設置した棚に置いてある提携医療機関のパンフレット類の中に、領家循環器内科の診療案内もあった。
 731部隊の支配網が開業医にまで及んでいる。本当に恐ろしいことになった。

 

 
 

 貧困家庭医学部受験希望者弱みにつけ込んで、学費無料にして、卒業後は軍隊(組織)に入れて、人体実験専門の軍医に育成する。やくざにコップ一杯でもビールを飲ませてもらうと、足を洗うことができなくなるのと同じである。やくざより軍隊の方が恐ろしい。裏切りは許されない。抹殺。
 内藤良一と尾身茂氏には共通点がある。それは「金に縛られる運命」である。

●731部隊の
内藤良一;1927年(昭和2年)京都帝国大学医学部に入学し、そこで陸軍委託学生(卒業後陸軍に入ることを条件に*学資給付を受ける)になる。

●政府分科会会長の
尾身茂:父親はクレーンの運転手で、医学部の学費は負担が大きく、医学部受験に激怒した。そんな時に飛び込んできたのが、1972年“自治医科大学、1期生を募集”のニュースで、自治医科大学は、卒業後9年間地域医療への奉仕を前提に、*学費無料になる大学で、尾身氏はみごと合格した。卒業後は戦前で言えば軍事官僚の道に進む。そして現在は厚生労働省のドンである。
 
*内務省
 明治〜昭和期の地方行政や警察など対民衆行政一般を所轄した中央行政庁。1928年(昭和3年)には全国府県に特別警察(特高)を置き、一般行政警察とともに政治警察も担当した。治安警察法、治安維持法などの治安立法を運用し、選挙干渉や大衆運動の弾圧、思想統制など、国民の生活全般にわたって管轄、統制を行った。1945年(昭和20年)敗戦を機に、占領政策の一環つぃて、1947年{昭和22年)12月廃止された。
 
自治省
 
内務省の後身で、1952年(昭和27年)に発足した。地方財政審議会などの審議会、中央選挙管理会、自治大学、外局として消防庁が設置された。2001(平成13年)1月省庁再編により総務庁、郵政省と統合され総務省となった。
 
総務省
 中央省庁再編により、2001(平成13年)1月6日に設置。
 総務省設置法3条行政組織の任務を達成するため、行政組織、公務員制度、地方行財政、選挙、消防、国民保護、情報通信、郵政行政、統計など、国家の基本的仕組みに関わる諸制度、国民の経済、社会活動を支える基本的システムを所轄する。
 総務省という名称は、戦後GHQによって解体・廃止の危機に瀕した内務省が組織解体を阻止するために考案した新名称案の1つである。
 政治学者の飯尾潤は、総務省を『自治省が単独での生き残りが難しいと判断して、総務省という弱小庁を吸収してできた省庁だ』としている。
 総務事務官には旧自治省出身者が最も多く就いている。閣僚名簿においても原則として総務大臣は内閣総理大臣の次ぎに列せられる。また全国の都道府県知事のうち14名が総務省出身である。不祥事の1つ菅義偉内閣総理大臣の長男菅正剛が勤務する東北新社から13人の職員が接待を受けた事件がある。
 
2012年年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)理事長】  
RFOは2005年(平成17)10月に設立された厚生労働省所管の独立行政法人。
 公的年金の保険料が年金給付以外の年金福祉施設等に使われ、大きな損失が出ていることが2004年頃から問題となった。 RFOは「それらの施設」を譲渡または廃止することにより、健康保険事業の適切な財政運営に資することを目的に設立された。
 RFOは2010年8月までに譲渡対象301施設421物件の譲渡を終え、「時価を上回り売却すること」「出資価格を毀損しないこと」という当初の目標を達成した。
 またRFOはその設立の日から起算して5年を経過した日に解散し、その資産および債務は国が承継することになっていたが、2011年6月に
「根拠法一部」が改正され、2014年4月1日に独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)に改組された。そして尾身茂氏【初代JCHO理事長】に就任するのである。
 
以上を要約すると、かつて存在した社会保険庁は、2004年の公的年金流用問題を受け解体され、その残余資産は年金・健康福祉施設整理機構(RFO)により清算される予定であった。
 しかし後に国会では公立病院の存続を望む声が高まり、独立行政法人地域医療機能推進機構法が設立。2014年4月1日に独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)が設立され、全国社会保険協会連合会・厚生年金事業振興団・船員保険会および前3者から施設運営を受託された「年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)」から、57病院を含む100以上の施設を承継することとなった。その中に「下関医療センター」が入っている。

 *金科玉条に「根拠法一部改正」あげるが、法律も売国奴戦犯731部隊族が彼らの利益になるように作り、都合良く改変もする。
薬事法もだ。だから治療と偽って、人体実験のやりたい放題で、患者を殺してもいっさい罪に問われることはない。尾身氏は自らが看板を書き換えて、旧態依然に「国民の保険料」を食い物にする「天下り先」を作り、居座った。

 
国立病院厚生病院済生会病院(正式名称:恩賜財団済生会。日本最大の社会福祉法人であり、生活困窮者を医療によって救済しようという考えのもと1911年、明治天皇の済生勅語によって創設された。現在では、日本の40都道府県で81の済生会病院を運営する)で、国が国民の命を握っている。731部隊を意識するからか、下関市では国立病院は「関門医療センター」、厚生病院は「下関医療センター」と名称を変えた。
いろいろ小細工をするから、かえって国民に731部隊系の国立病院と厚生病院の闇の部分(人体実験の大犯罪)に注意が行く。愚か者どもが焦っている。 
   
   
   
   

 この武器をどう活かすか。

選挙

 
あなたの一票

 

 投票はデモと違って、殴られることも、逮捕されることも、投獄されることも、殺されることもない。密告されない。罠に嵌められない。
 
売国奴戦犯議員を国政から排除すれば、国民のを流さないで、
独立を達成することができる。

 但し、売国奴戦犯は自民党だけでなく、野党にもいる。慎重に見抜いて投票することだ。
 
731部隊
軍医には獣医もいた。


 加計学園は動物実験の生物化学兵器開発研究施設


田氏は裁判官出身の弁護士
人面獣心 冷血 悪魔の申し子

 *加計学園〜民進党玉木雄一郎議員「獣医師会 裏金口利き」で大ブーメラン 2012年12月

 *「加計学園」獣医学部。民進党の高井たかし議員(江田五月最高顧問の元秘書)が強力に推進。大ブーメラン。

 *日本獣医師連盟から献金を受ける立憲民主党幹事長・福山哲郎議員2010年8月

野党共闘潰し工作るな
山本太郎氏
を潰しつつ自民党を利する裏工作
売国奴戦犯党は必死 仲間割れ画策が常套手段



れいわ・山本太郎代表衆院東京8区での出馬撤回
出足を挫かれた
山本氏、「同区からの出馬は立憲からの打診」
実際に立憲とは話がついていた
立憲に自民と通じた野党共闘潰しの工作議員がいる
無視し
王道を進むべし
「私が降りて
混乱収束させて、野党共闘していく」
依頼人を平気で裏切る弁護士と売国奴戦犯は同体質

 国民は売国奴戦犯が、政界法曹界分子を配置して、植民地化推進の根を張ってきている現実を、しっかり認識しなければならない。

 占領とは立法・行政・司法(国権の中枢三権)全般に渡る統治活動である。

売国奴から

与野党の区別なし


痴呆老人の寝言
 甘利幹事長、衆院選争点 
自由民主主義か、共産主義が入ってくる政権」 
 2021/10/14 11:02
 産経ニュース 

 *売国奴戦犯の孫2人がのさばる自民党は、仲間でも真っ当な人間は大勢で抱囲して潰すやくざ世界。することなすことちゃちである。
 前回の自民党総裁選で党員投票を禁止して、国民に一番人気のある石破茂氏の総裁選出を阻んだことは、記憶に残っていると思う。

 日本人は第2次世界大戦でボロ負けして臆病になったと言われるが、このまま売国奴戦犯に支配され続けたら、さらに惨めになって、国民はアメリカの奴隷にされてしまう。今、日本人に必要なのは売国奴戦犯を摘発し戦う勇気である。


 

 日本人の「死亡原因一位の肺がん」に目をつけた、下関医療センターの呼吸器内科は、肺炎の治療はしないで、肺炎が重症化して、肺がんに合併するまで待って、開発中の薬剤を投与して効果を試してみる。あるいは売りだそうとしている完成品の薬剤を投与する。被治験者を集めるのは難しく、健康診断を「肺がん被験者狩りに悪用して、肺がん人体実験をやっている。目的は治療ではなく、がんビジネスの金儲けである。

 
一般肺炎は、空気の通り道である気管支が枝分かれしてつながっている、袋状の組織の「肺胞」の内部に細菌などが感染して起こる。
 一方、
間質性肺炎は肺胞の壁の「間質」炎症が起こる。

 

 

 間質性肺炎は、間質に炎症が起こり、さらに線維化し、厚く硬くなる病気で、酸素がうまく入っていけなくなる。肺胞の線維化が進行すると、肺全体が硬くなって、ふくらみにくくなり、空気を十分に吸い込めなくなる。

 間質性肺炎には、●原因が特定できるもの(喫煙、じん肺、薬剤性:抗がん剤・抗菌薬など、膠原病:関節リウマチ、過敏症:アレルギー性)と、●原因がわからないもの(特発性間質性肺炎)がある。
 間質性肺炎は長年かけて徐々に進行していくので、自覚症状(息切れ・呼吸困難)が出る頃には、すでに病状がかなり進行していることが多い。

 
特発性間質性肺炎は肺の線維化が特徴で、治療が難しく、国から指定難病を受けている(現状では完治するすべがなということ)。分解能にすぐれたCT検査を行うとわかる。自覚症状としては、呼吸困難や空咳が代表的。聴診器を背中に当てて音を聞くと、早期の段階からパチパチ、バリバリという音がする。息を吸ったときに、硬くなった肺胞を無理にふくらませようすることによって起こる音です。痛みはない。高齢者に多く、60代で発症が増え、70代に多いという報告がある。急性増悪といって、数日から1ヶ月の間に呼吸の機能が急激に悪化することがある。死亡原因の4割がこの急性増悪である。

 間質性肺炎の治療
炎症を抑える   原因が特定できるものであれば、原因物質の除去だけでもかなり改善される。
 特発性間質性肺炎の一部や、膠原病が原因の間質性肺炎にステロイド薬や免疫抑制剤を使う。
 
線維化を抑える   線維化が進行するタイプの特発性肺線維症など、進行性の間質性肺炎は、抗線維化薬で進行を遅くさせる。抗線維化薬は近年登場した新しい薬で、ビルフェニドンニンテダニブの2種類があり、肺活量の低下や急性憎悪の発症を抑え、生存を延ばす可能性が指摘されている。 
生活の質を保つ   呼吸がスムーズにできるよう呼吸法(腹式呼吸)を訓練したり、手足の筋力トレーニングをする。また、栄養指導、日常生活の指導のほか、在宅酸素療法などを行う。 
急性憎悪の予防・治療   ステロイド薬免疫抑制剤を用い、予防する。通常のかぜやインンフルエンザなどのウイルス感染をきっかけに急性憎悪が起こることもあるので、手洗い・うがい等を徹底するといった日常生活にも注意が必要。
 特発性肺線維症などでは、薬による治療は難しく、予後もよくない。 

 原因がわからない特発性間質性肺炎で、「指定難病」とされれば、医療費助成制度を利用できる。大畑医師は診断をつける努力をいっさいしないで、「原因がまったくわからない」と決めつけて、冨嶋の肺炎を指定難病に仕立て上げたのである。完全に731部隊の医療放棄の白衣の荒稼ぎマシーンに改造されている。

 

 移民国家であるアメリカは、第1次世界大戦で、武器商人が富を築き権力を掌握して、戦争ビジネスでのし上がった国である。第2次世界大戦後も軍拡を進めてきて、自他国家の国民の命を無視した戦争ビジネスが曲がり角に来た。戦争ビジネスの限界である。そのアメリカに民主主義・人権をいう資格はない。

 そのことに、多くの日本国民が気がつき始めた。60年安保で日本国を「移民奴隷国家アメリカ」に売った、売国奴戦犯のドン・岸信介の孫で、岸の遺産「アヘン資金(政界工作資金)と満州極道人脈(児玉誉士夫・笹川良一)」を引き継ぐ、森友学園・加計学園・桜を見る会の疑惑の安倍晋三が、逮捕されない理由を理解するようになった。みな命が惜しいから黙っている。安倍の後にはCIAがいる。いつ殺されるかわからない。


   2021年3月9日、山口県下関市のクレスト整形外科上田章二院長が、肺胞や肺を支える組織である間質に炎症が起こり、肺胞壁などの組織が分厚くなる肥厚が起こり、肺がうまく膨らんだり縮んだりできなくなって、酸素がうまく取り込めない状態になり、それによって体を動かすと呼吸が苦しくなる間質性肺炎の中でも、原因のわからないものを特発性間質性肺炎といって、その中でも治療が難しく、肺がん心不全を合併して、間質性肺炎よりもそちらで致命的になることも多い、特発性肺線維症(肺が硬く線維化する)のがん化がかなり進行して、右側の腕・肩・背中に激痛・まひ・筋力低下を訴える、冨嶋克子右肩2回目の「炎症」と「痛み」をとる注射を打って3時間後、冨嶋が自宅でパソコンを打っていると、ガーンからがん細胞弾丸のような衝撃で飛び出した。
 その瞬間、背筋が伸び、呼吸が「スー」と楽になった。

 


 人体実験部隊「731部隊」の売国奴戦犯軍医の戦後

 1948年(昭和23年)1月26日、豊島区にある帝銀事件椎名町支店で、行員12人が毒殺され、現金と小切手が奪われる強盗殺人事件が発生した。世に言う帝銀事件である。
 使われた毒薬は「青酸ニトリール」と言われている。飲むと「数分後に症状が出始めゆっくりとしかし確実に死に至らしめる」という極めて特殊な薬物だった。
 捜査した刑事のメモが残っている。警察が容疑者として強い疑いを抱いた集団の名が記載されている。それは
「731部隊」
 事件当時、かつて731部隊の初代・第3代隊長だった石井四郎は、「(犯人は)俺の部下にいるような気がする」と発言している。
 捜査当局は、731部隊の旧隊員達を虱潰しに捜査、追い詰めて行き、ほぼ「犯人に間違いない男」を突き止めた。しかし・・・命令「即刻731部隊に関する
捜査中止せよ」を出したには、占領軍最高指令GHQだった。
 その後しばらくして、突然731部隊とは全く関係のない画家の平沢貞通が逮捕される。彼は40年間冤罪を主張し続け、1987年獄中で死んだ。捜査当局も裁判所も法務大臣も皆「平沢は真犯人ではないこと」を知っていた。だから死刑を執行することができなかった。
 731部隊に詳しい神奈川大学常石敬一教授のコメント:「できるだけ少ない量の細菌で、できるだけ広い地域を、できるだけ多くの人たちを殺傷するにはどうしたらいいかと。
効き目を図るには人体実験ができると、非常にスピードが早くなるわけです。そのためにやった」

 ウイルス・・・人々を恐怖に陥れる悪魔の生命体。
細菌兵器として開発される可能性を否定できない。今世紀、人類史上最悪のウイルスが登場した。それはエイズウイルス・・・
 帝銀事件から2年後(1950年・昭和25年)アメリカは
朝鮮戦争に突入。この時早くも731部隊の知識を活用して、生物兵器を使用した疑いが持たれている。続くベトナム戦争(1960年)でも「生物兵器を使った」と言われている。過去ベトナムでは発生したことのないペストが流行した。
 首都ワシントンから車で1時間。731部隊のデータが持ち込まれたという疑惑の基地がある。
アメリカ陸軍フォートディートリック基地。731部隊から入手したデータは、この「生物化学兵器研究所」に持ち込まれ、その結果、アメリカの生物化学兵器開発は急速に発展した。石井四郎はフォートディートリック基地から朝鮮戦争の戦場に赴き、アメリカ兵に生物兵器の使い方を指導した。
 そして1972年(昭和47年)、時の
アメリカ大統領ニクソンはある国家プロジェクトを発表する。がん撲滅プロジェクトである。この時ニクソンが「プロジェクトの本部」を置いたのが、あの「生物化学兵器研究所」だった。実はこのプロジェクトの本当の目的は「がん撲滅ではなくウイルス実験だった」と言う男がいる。医学博士アラン・キャントウェル氏である。
 アラン・キャントウェル氏のコメント
 「ウイルスを『ある種の生物』から『別の種の生物』に入れ替えると、とても
危険ウイルスに生まれ変わることがあります。当時、生物化学兵器研究所ではガン研究の名に隠れ、そうした実験が連日繰り返されていました。その過程で生み出されたのが、あの恐ろしいエイズウイルスなのです」
 なんとエイズウイルスは生物化学兵器研究所で生み出されたというのだ。注目すべき発言がある。
 1969年(昭和44年)、軍の生物兵器担当者のアメリカ議会公聴会での発言。
 「我々は
ヒト免疫システム破壊する新しいウイルスを作る計画を持っています」
 それはまさに
エイズウイルスそのものではないか。
 さらに驚くべき主張をする男がサンフランシスコにいた。ジャーナリストのデェブ・エモリー氏。
 デェブ・エモリー氏のコメント
 「
エイズウイルスアメリカ生物兵器開発計画の中で人工的に作られたものです。おそらく731部隊データも利用したと考えられます」
 時は過ぎ、1985年(昭和60年)、日本で起きたのが
薬害エイズ事件である。
 1980年代、製薬会社
ミドリ十字はアメリカから非加熱製剤(プール血漿)を輸入し販売する。1985年アメリカでは非加熱製剤の危険性を危惧して製造を禁止した後も、ミドリ十字は販売し続けた。
 アメリカからミドリ十字に「日本人はアメリカの家畜であり、日本人の血友病患者を人体実験の材料にした、エイズウイルスの研究を続行せよ」の指示(実態は命令)があったのである。
 それが戦後最悪の薬害事件を起こす原因となったのだが、
ミドリ十字創業者は、陸軍軍医学校防疫研究室の責任者として、731部隊が主導した細菌兵器の開発・研究や人体実験にも関わった内藤良一である。
 1945年(昭和20年)、内藤は731部隊が主導した細菌戦および人体実験に関する重要参考人としてGHQの尋問を受けた後、同部隊の組織図を提出し、人体実験の事実を大筋で認めたが、細菌部隊に関するアイデアはすべて731部隊長であた石井四郎中将のものだったと主張している。この点、東条英機を切り捨てた岸信介とよく似ている。


 第2次世界大戦末期からの米ソの冷戦激化の国際情勢の下、武器商人・戦争屋のアメリカは、日本の再軍備を画策し、戦犯を釈放し、復権させ、吉田茂に旧安保条約、岸信介に60年安保(新安保条約)を締結させて、日本の植民地支配を強固にした。すべてアメリカの利益のためである。岸も「冷戦が悪化すれば首を絞められずにすむ、それがわれわれの頼みの綱であった」と回想している。

 吉田茂はサンフランシスコ市内のプレシデイオ陸軍基地内にある下士官集会場で、同行した池田勇人蔵相の同席を許さず、吉田1人だけで,日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約に調印した。そうやって秘密裏に日米安保体制の基本線を敷いた。CIAとアヘン密売人の闇取引で、日米国家間の条約ではない。

 岸信介は類は友を呼ぶで、満州麻薬人脈の児玉誉士夫を頼り、日本のやくざ(博徒、暴力団、恐喝屋、テキヤ、暗黒街のリーダー)を総動員して、60年安保(新安保条約)締結に漕ぎ着けた。
 赤城崇徳防衛庁長官が「岸首相の陸上自衛隊の治安出動要請」を拒否したから、「自衛隊初の治安維持出動」は回避された。後日赤城長官は「デモ隊といえども、自国民に銃口は向けられない」と言った。岸を売国奴として逮捕することはできなかったのか。

 ゴルフ好きの岸を会談の合間にゴルフに誘い出し、一緒にゴルフコースを回ったのは、祖父プレスコット・ブッシュ(第41代大統領・ブッシュシニアの父親)だった。ブッシュと岸がゴルフをしている間に、ブッシュの経営する軍事産業専門の投資会社カーライルの子会社、デュロン銀行社長ダグラス・デュロン国務長官が、日本に米軍を常駐させる日米安保条約の素案をタイプし、また日本の自衛隊に売り付ける兵器の見積もりを計算していた。

 (民族の歴史がないアメリカ合衆国は国家というより、巨大軍事産業企業。国家より大統領一族の繁栄・金儲け。日本とアメリカの大きな違い。冨嶋)

 新旧安保は両方とも「CIAの双方代理」が調印したと同じで、法的に無効である。

 当時の右翼は岸信介を売国奴と認定した。それが襲撃の理由だった(金沢京子のプログ)。ニセ右翼で売国奴の岸信介は安保がらみで総理を退陣後、本物の右翼の男に襲撃を受け刺傷した。



目 次

● 健康診断

2020年01月29日

 

731部隊の亡霊



● 1回目の精密検査

2020年10月01日

 

冨嶋肺がん原因

 2020年7月9日(木)夕方、甲府に両親と兄のお墓参りの帰り、JR下関駅前で、れいわ新撰組の代表・山本太郎氏の街頭演説に出くわした。冨嶋はポスターを2枚もらって帰った。コイン駐車場のフェンスにつけるつもりだったが、自分ではできないでいた。
 10月になって、山梨県から応援に来ていたK氏が自宅に挨拶に寄られたから、ポスターを貼ってもらうことにした。フェンスは横長で20メートル余りあるから、2枚だけでなく「何枚でも貼れるだけ、お貼りください」と勧めた。
 K氏がポスターを貼り終えた頃、「裁判を正す会のHPの会員ひろば」で、「れいわ新選組」と「地元候補者の竹村かつし氏」を紹介することにした。竹村候補の初対面の印象は実直だった。
   

 10月11日からHPの作成を開始した。
 するといつものことながら九州大学と安倍一派のパソコン妨害が始まった。
 数日後、普段見かけない“いかつい男”が数人家の周囲をうろつく。コイン駐車場には、朝から「大分ナンバーの車」が駐車して、夜になっても動かない。危ないと思ったから、その夜は近くのホテルに逃避した。

 10月16日、裁判を正す会のHP「会員ひろば761」をインターネットにあげた。その後も九州大学と安倍一派のパソコン妨害は続いた。
 フェンスにポスターを貼る余地はまだ2枚分は優に残っていた。K氏は「あと2枚貼らせてください」と言っていたが、音沙汰なくなった。その筋から
脅しがあったのだろう。
 安倍は卑怯者で自分が真正面に出て戦うのでなく、手下(やくざ・弁護士)にしようもない嫌がらせをやらせる。自宅前の喫茶店を密告屋にして、来訪者の車のナンバーを控えさせて、来訪者に嫌がらせをやらせる。そういうことが数件あって、保険屋には契約破棄、物品販売の店からは買物はしないことにした。お手伝いは首にした。コーヒーの注文もやめた。結果、交際費の節約になった。

 10月20日を過ぎたころから、夜横になると動機がする。持久力・緊張感の衰えを自覚する。
国際刑事裁判所「九州大学病院で行われいる大規模な人体実験」を訴える文章の作成がはかどらない。
 以下は父・冨嶋茂が血液腫瘍内科で人体実験の材料にされた挙げ句に、入院時点で上の血圧が
100であったものを、降圧剤を取り上げて200以上にあげて、、アナフィラキシーショックを起こす薬を投与して、くも膜下出血で殺害した書証(証拠資料)です。
 九州大学は1887年に設置された総合診療部を、2009年に診療科に格上げして、主な治療の欄に
虚偽看板「下肢閉塞性動脈硬化症(足の動脈硬化)の治療」をあげて、やってきた患者を片っ端から血液腫瘍内科にまわす被治験者狩りの役目をやらせた。参考までに下肢閉塞性動脈硬化症の専門診療科は血管外科です。理由は足の太い動脈にメスを入れるから、内科では対応できないのです。


 いくら証拠が揃っていても、これまでは裁判所も売国奴戦犯の仲間ですから、問答無用で訴えを抹殺されてきましたが、上昌広医師勇気ある告発で、731部隊の過去・現在の人体実験の事実と現実が世界に発信されて、国際刑事裁判所にどうどうと訴えることができます。そういうことで現在気持ちが楽になっています。

 九州大学の人体実験網が九州一円の医療機関・医師に張り巡らされているから、病院へは「殺されに行く」と同じだから行けない。肺炎が進行して、このままでは確実に
肺がんになる。慢性心不全も悪化するだろう。それにどう考えても、生きている間に遺産を使い切ることはできない。それでは両親にすまない。

 数日考えた。
 10月30日(金)夜決めた。
 
“命捨てた”
 翌日は土曜日だったが、懇意にしてもらっている工芸社に電話して、看板の取り付けを打診した。社長が直ちに現地を見に来て快諾してくれた。 11月3日(文化の日)工芸社から「見積書」と「壁面・フェンスサイン」が届く。
 11月4日北九州の銀行で定期預金を解約した。
 レッカーの手配の都合で、看板の取り付けが11月30日に決まった。
 その間の打ち合わせをパソコンでしようとしたが、色の変換ができないなど、九州大学・安倍一派の妨害があり、レターパックでした。
 11月23日(勤労感謝の日)、町内でお祭りがあり、フェンスと車道を挟んで反対側の舗道で、安倍元首相の元秘書の前田晋太郎市長が来て挨拶をしていた。
 11月25日(水)、「若い血潮の
予科練の〜7つボタンはに錨」の鎮魂で、近所の植木職人に頼んで桜の木を植えていた、イタリー製の大きな植木鉢が3つ壊された。自宅に居ても壁が厚くて壊す音が聞こえない。密告屋がうようよいるから、住民は仕返しが恐くて見て見ぬ振りで、誰も110番しない。110番しても、警察も「安倍売国奴戦犯一家の用心棒」だから、逃げ腰で役に立たない。

 安倍は田中角栄の意を継ぐ石破茂氏の総裁誕生阻止で、9月14日に行われた「約100万人の党員が参加する本格的な総裁選でなく、党員・党友の投票を省略して、国会議員と都道府県連3人だけによる自由民主党総裁選」で菅義偉傀儡政権を誕生させることができたが、新型コロナウイルス禍で、売国奴戦犯本来の使命(ミッション)「憲法9条改正」・「東京オリンピック開催」が陰謀通りに行かず焦っていた。2021年10月22日現在も焦りまくっている。

 それにしても、冨嶋が看板をあげる前に
「植木鉢を破壊する暴力」にでてくれたのは好都合だった。
 近所の人も「桜が咲くのを楽しみにしていたのよ。壊された植木鉢を見るたびに腹が立つ」と激怒している。「昔から“
伐る馬鹿、伐らぬ馬鹿”と言って、桜を伐った者の家は潰れる言われているよ」。いい話を聞いた。

     

 午後1時30分に監視カメラを注文していた文具店に連絡して、社長に来てもらい壊された植木鉢を見てもらった。30分後に工芸社の社長にも来てもらった。工事中に背後から刺される危険があるから、どの時点で工事代金を手渡すか打ち合わせた。

 1ヶ月くらい前から悪かった方の右膝でなく、良かった方の
左膝が痛くなっていた。老化が年々進むことを考えて、右膝にヒアルロン酸の注射を打ってもらうときは、ついでに左膝にもヒアルロン酸の注射を打ってもらっていたから、自分では原因がまったく分からなかった。時が時で、杖をつくと、近所の人が、安倍組にやられたかと騒ぐから我慢していたが、どんどん痛みがひどくなって、どうにもならないから、杖をついて、タクシーでクレスト整形外科に行った。
 
2020年11月27日、これがクレスト整形外科初診だった。待合室から診察室までも、杖がないと歩けない状態だった。
 後日あれこれインターネットで調べてわかったことだが、肺が傷んでガス交換がうまくできないから、酸素が心臓に十分行かないで、血流が悪くなって、新陳代謝が悪くなって、足首から膝までがパンパンに腫れて太くなっていた。つまり治療してもらえないで放置していた慢性心不全の増悪だった。こうやって肺と心臓が一気に同時進行で悪くなって行った。

 2020年11月30日(金)
 風が強くとても寒い日だった。4時間かかって昼過ぎに看板がついた。
   







 

● 2回目の精密検査

2021年03月11日

 

2021年(令和3年)3月16日 日刊ゲンダイ(5)
コロナ対策厚労省人災

 コロナ対策の主たる目的は感染者を減らし、経済活動を維持することだ。それには感染症対策が重要だ。
 筆者が注目するのは、日本は感染者数の割に、経済ダメージが深刻なことだ。
 コロナ感染は
PCR検査によって診断される。検査数を抑制すれば、感染の実態はわからず、国民は不安になる。逆もまたしかりだ。PCR検査数を増やすことで、過度な自粛を避けることができる。
 このように考えると、コロナ対策は厚労省の人災だったと言っても過言ではない。
厚労省過ち検証し、コロナ対策を抜本的に見直すべきである。  

「国会うよ
西村大臣を黙らせる尾身会長への違和感
天下り公的病院コロナ病棟1割強

政府分科会の尾身会長と西村コロナ大臣
 
2021年8月28日 AERAdot
行政法人
地域医療機能推進機構(JCHO)
JCHO:Japan Community Health care Organization

 尾身会長が国会でバッハ会長の再来日を「なんでわざわざ来るのか」などと強烈に批判した。これに対して『尾身さんが政治家になっちゃった」と、社会学者の古市憲久が発言。政治家、権力者気取り。尾身さんは頻繁に西村さんと大臣室などで意見交換。しかし、最近はなぜか西村さんレクをし、それを尾身会長が『とにかく国民の行動をとめるんだ』『新しい社会をつくるんだ』と指示を飛ばす“珍構図”となっている。「西村大臣が意に沿わない意見を言えば、『国会うよを連発し、黙らせる。もともと権力志向の強い方なので、素が出たのかもしれません」

 しかし、尾身会長が激を飛ばしても、全国で新型コロナウイルスの新規感染者、重症者は増加の一途を辿り、全国で約11万人の自宅療養者が溢れている。世論の厳しい目は、尾身会長が理事長を務める
地域医療機能推進機構(JCHO)にも向けられている。

 JCHOは厚生労働省が所管する独立行政法人で、
旧社会保険庁所管病院など公的医療機関が傘下に入る。尾身会長は厚労省OB(厚生官僚)だ。

 東京都内では、27日、新たに4227人の新規感染者が確認され、重症患者は過去最多の294人、18人が死亡と第5波で最も多くなった。医療現場がひっ迫する中、問題化しているのが、JCHOの傘下の都内の病院の
コロナ病床だ。

 AERAdot.編集部が厚労省関係者より入手した資料によると、
JCHO傘下にある都内5病院(東京新宿メデイカルセンター、東京高輪病院、東京蒲田医療センター、東京山手メデイカルセンター、東京
城東病院)の
総病床数1532床だが、新型コロナ患者用に確保された病床は183床1割強だ。そのうち重症病床はわずか6床だ(27日現在の登録数)。

 こうした病床ひっ迫を受け、田村厚生労働相と東京都の小池百合子知事が改正感染症法に基づいてJCHOなど医療機関に病床確保を要請。JCHOが東京城東病院を9月下旬からコロナ患者の専門病院とすることを決めたと読売新聞(28日付)で報じている。今後は数十人規模でのコロナ患者の受入れを検討するという。

 都は今年1月、都立広尾、公社原、公社豊島の3病院でそれぞれ240床を新型コロナ専用とした。総病床数の5割強にあたり、新型コロナ対応の専門病院となっている。渋谷区の東海大学医学部付付属東京病院も昨年、99床のうち60床を新型コロナ専用にし、専門病院になった。

 厚労省関係者はこういう。尾身会長は『JCHOは最大限やっている』と言っていますが、実際は公的病院の中でも患者受入れの消極さが際立っている。『医療ひっ迫の危機』を国会で声高に叫ぶ前に、尾身会長があと数割でもコロナ病床に振り向けてくれたら、それこそ多くの命が救えると思うのです。

 なぜこんなに少ないのか。
 医療ガバナンス研究所理事長
上昌広氏は指摘する。
 「本来であれば、JCHOなどの公的な病院が新型コロナ患者専用の病床を率先して確保する話です。経営が苦しい民間にちょっとづつ押し付けるのは一番やってはいけない。コロナの病床に変えるというのは医者の配置を変えたり、病床を隔離するなど大変なことです。これを避けているのでしょう」

 尾身会長は連日、国会やメデイアなどで「人流、人々の接触を減らす対策をもう少しやる必要がある」、「病床のひっ迫が大変なことになる」と繰り返し訴えている。

 その一方で尾身会長は「人々の行動制限だけに頼る時代は終わりつつある」(7月15日)とも主張し、科学技術の分野に
予算を投じる必要性があると踏み込んだ発言をしている。

 尾身会長は現在、
DeNALINEらと一緒にQRコードを使った新型コロナ感染者追跡システムにご執心なのだ。尾身会長と厚労省医系技官出身DeNA幹部が一緒にQRコードを利用したシステム導入に関し、西村大臣に“直談判”していたことは、AERAdot.で既報(6月19日配信)している。

 その甲斐あって新型コロナウイルス感染症対策本部が8月25日、公表した「基本的対処法方針」いは以下のように記されている。
「政府は、QRコードを活用した地方公共団体独自の取組を踏まえ、クラスター対策のためのインセンティブ等の仕組みについて、パイロット的に特定の地域で実証することも含め、検討を行う」
 
 一方、接触確認アプリ「COCOA」や大規模ワクチン接種会場で使用される予約システムなど政府が発注した新型コロナウイルス関連のアプリやシステムは不具合が相次いでいる。

 官邸関係者は「QRコード自体は否定するものではなく、むしろ推進すべきものだとしても、
尾身会長特定業者密着し、動く姿にはうさを感じる」と指摘する。

 前出の
上氏もこう語る。
「公衆衛生の専門家がそんなところに口を出すことに違和感を覚える。開発業者側とは一歩引いて接するべきです。それに
厚労省OB天下り先お金ちるようなことは、国民の理解は得にくいのではないか」(AERAdot.編集部・吉崎洋夫)
 



2021年(令和3年)8月31日 日刊ゲンダイ(5)

 国立病院機構と尾身会長が理事長のJCHO
 もっと
コロナ患者を受け入れるべきだ
国立JCHO売国奴戦犯731部隊である
生物兵器開発・研究・実戦の人体実験班の軍隊は

ウイルス
を作るのが専門で治療はしない

 2018年度、JCHO地域医療機能推進機構)は理事長の尾身茂氏(政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の会長)と4人の常任理事が在籍したが、尾身氏は天下り、2人の常任理事は厚労省現役出向だ。

 厚労省は依然として出身母体の人体実験731部隊の軍隊体質のままである。大量破壊兵器(生物化学兵器)による殺戮が専門で、治療からは逃げる。治療すれば、アメリカと交わした
密約の任務に支障をきたす。厚労省はアメリカに命乞いした売国奴軍隊で医療機関ではない。

 核兵器をおっぴらに使えないアメリカにとって、生物兵器(細菌兵器)は重要である。アメリカはソ連に渡らないように、人体実験のデータだけでなく、731部隊の軍医も確保した。それがアメリカの占領政策だった。
 8月20日、厚労省での閣議後記者会見で、法に基づき、JCHOや国病に受け入れ予定はあるかと聞かれた田村憲久厚労大臣は「感染症法のことか」と聞き返した。JCHOや国病が公衆衛生危機で果たすべき法的スキームを理解していないようだ。厚労省に任せる限り、病床確保は進まない。



 

● 3回目の精密検査

2021年09月16日

 


「今月に入って、5日くらい、毎日5箇、焼きニンニクを食べたら、痛みがスーと抜けました」
「自分で焼いたのではないのか」
「デパートのレージの横に置いてあるのを買って食べました」
 研究熱心な大畑医師は冨嶋の言うことをカルテに書いていく。

次回は来年2022年9月8日(木)10:00
 呼吸器内科 CT 大畑 秀一郎

2021年(令和3年)10月1日 日刊ゲンダイ(12)

 本件では、2020年10月1日の1回目の精密検査の時点で、呼吸器内科では肺炎の治療、循環器内科では慢性心不全の治療を開始しておれば進行を抑えていたが、大畑秀一郎と中邑友美の両医師が意図的に治療放棄・治療拒否をしたので、同11月27日、クレスト整形外科受診時点では、左膝い水が溜まり、肺がん化がはじまり、翌2021年2月に痛みを訴えたときには、肺がんはかなり進んでいた。2月日と3月9日の注射で肺がんの細胞が切除され、救命された。本件の経緯で明らかであるが、
呼吸器内科・整形外科・循環器内科のチームによる治療が肺がんの治療には必須である。

3科連携治療肺がん撲滅

 呼吸器内科
大畑秀一郎医師
 整形外科
上田章二院長
 循環器内科
X医師


2021年(令和3年)10月1日 日刊ゲンダイ(3)

 JCHOに対してはこれまで、医療体制が逼迫する状況でありながら、コロナ患者の受入れ者数が少ないのではないか、・・・として批判の声が続出。
 「アエラドット」や「女性自身」といった一部メディアは<コロナ補助金などで311億円以上の収益増、有価証券運用は130億円も増加>などと報道いている。
 JCHOの中馬敦院長は「第6波に向けて準備を進めていきたい」などと行っていたが、全国のコロナ新規感染者が3日連続で2000人を下回るなど、減少傾向にある中で、他の病院は
「今頃?」と呆れているに違いない。

2021年10月12日 日刊ゲンダイ

 2021年10月12日 日刊ゲンダイ
アメリカも国民は戦争に反対

 人間にも日本人にも戻ることのできない売国奴戦犯の犯罪は日本国内・アメリカでは裁くことができない。