2016年09月19日

722
核の威力の誇示

 アメリカは「威力を他国に見せつけて、自国優位・利益獲得する手口」で、北朝鮮と同じである。手本を示したのはアメリカである。

 アメリカは
「売国奴である裏切り者戦犯」を介しての「日本支配」を即時止めよ。

 これ以上、日本国民の自尊心を傷つけるな。

 アメリカは「戦犯を使った日本支配に見られるような卑劣さ」で、北朝鮮に負けず劣らず「世界の嫌われ者」になっている。

 アメリカは他国民の心を知れ。孤立するぞ。

 現実を見据え、気がついたら、アメリカは野蛮国だった。

 周囲の人に意見を聞くと「そうだね」と言う。


目 次

● 翁長知事、辺野古敗訴に「あぜん」

戦犯政権答弁を代弁する属国判決

 

 国内の属国裁判所で「国を相手の裁判」では「正義の判決」は出ない。裁判官は法の番人ではない。裁判官はアメリカの番犬である。と、わかっていても、裁判をせざるを得ない。これは人権問題である。国際社会に訴える道はないのか。戦犯を使った敗戦国支配は許されるのか。



2016年(平成28年)9月17日付朝日新聞(夕刊) 

● 群馬大病院手術死影響10億円超減収

補助金や収入

 

2016年(平成28年)9月16日付日本経済新聞

2014年(平成26年)11月14日付毎日新聞

● 内視鏡外科手術トレーニングセンター

九大病院にあって、群大病院にはない。

 

 診療科のご案内 九州大学病院

 九州大学はハートセンターで下肢閉塞性動脈硬化症をはじめ動脈硬化の高齢者を騙して「がん人体実験」をしている。

 「施設(内視鏡外科手術トレーニングセンター)があること」と「人命尊重の適正な使用をすること」とは「別のこと」である。
 群馬大学病院の医師は
患者練習台にして殺戮したのである。

 大学病院・製薬会社の源(元祖)は731部隊である。731部隊は「生物兵器の開発・製造で細菌戦を実戦した人体実験部隊の軍隊」である。

 
三千人以上を生きたまま人体実験して殺した731部隊が免罪され、厚生省や医学会の頂点に収まった。

 アメリカと戦犯政府によって、「731部隊の存在」と「アメリカと731部隊の密約」を知らされないできた日本人は、目の前の白衣で正体を隠した「人体実験大量殺戮軍隊:731部隊の末裔・分子」を「大学病院の医師・製薬会社の研究員」と思い込む、錯誤に陥れられてきた。

 証拠が完璧なまでに揃っていても、「医者相手の裁判は難しい」と言われてきたのは、本当は「軍隊相手の軍事法廷」だったからです。

 日本人は、アメリカと戦犯政府の呪縛から覚醒して、医療界・政界から731部隊の血流を断ち切らなければならない。


● 群馬大学医学部付属病院−血液内科

診療科のご案内

 

◎受診される方へ

 当科では血液の病気を専門に診療しています。
 血液の病気には、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などのいわゆる
血液と、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群のように血球(赤血球、白血球、血小板)を造れなくなる造血不全血小板減少性紫斑病や血友病のように血小板の数や機能の異常、血液凝固異常によって出血が止まらなくなる病気、などがあり、これらの病気の診断と治療を行っています。
 診療には血液指導医、専門医を中心に
血液病気精通したスタッフが対応しています。群馬大学病院および血液内科グループ関連病院では診断および治療に関して最新の方法を提供することを心掛けています。
 全国規模の治療グループで中心的役割を果すとともに、血液学のさらなる発展のために日々努力しております。治療にあたっては当院ならびに当院関連施設で密接に連係しており、関連病院を含め強力な化学療法を行うことが可能な
無菌個室を完備し、グループ単位で治療に対応しております。関連病院と連係しつつ日本における標準的な治療を行うとともに、造血幹細胞移植(骨髄移植)などの先端的治療、また全国規模の臨床試験や、難治性患者さんのための新薬治験を含めた最新治療も提供しております。

血液疾患
 白血病(急性/慢性、骨髄性/リンパ性)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄(造血幹細胞)移植、各種貧血(鉄欠乏症、溶血性、再生不良性、悪性、先天性)、真性多血症、血小板増加症、その他の骨髄増殖性疾患、血小板減少性紫斑病、血液凝固異常(血友病、血栓症)、免疫不全症候群