2015年06月10日

704

連想

suggestion

 このように軍国主義や社会主義の政治的特徴は、

  1. どのようにして国民の人権を制限するか
  2. どのようにして国家や政府に恭順させるか

という部分に興味が注がれ、国家・政府への絶対的忠誠を誓わせる点にある。

このような軍国主義や社会主義を可能にする政治制度には二つの面があり、一つは強権的な支配によって国民を押さえつける警察国家的方法であり、もう一つは教育メディア戦略を通して国民を洗脳し、自発的に国家の意思に従わせる全体主義国家的方法である。両者は併用されることが多い。警察国家的側面には、強権的な秘密警察情報機関が必要な要素であり、その他に密告制度、エージェントを用い相互監視の性格を帯びた国民管理の方法をとり、更に刑罰を見せしめとして利用することで国民を威嚇する。

近代的な軍国主義国家においては、裁判の自由と司法権の独立は認められる。実際には共産主義、社会主義国家の多くがそうであったように、極めて強圧的な運用しかされず、政府当局の意志を裁判所がほぼ代弁する形と化すことが少なくない。これは前述の司法権の独立が破られているという根本的な問題のほかに、裁判の基礎となる法律自体が極めて恣意的・非民主的に作られているという点にも起因するものである。(軍国主義-Wikipedia)


 消された言葉「八紘一宇」: かつて日本は美しかった

jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2011/01/post-0652.html

日本のこころ、八紘一宇。 「八紘一宇」 というのは平たく言うと「世界は一家、人類は皆兄弟」という意味です。昭和15年(1940年)第二次近衛内閣の基本国策要綱、大東亜共栄圏の建設の精神として掲げられています。