2014年11月20日

691

九州大学

人体実験・動脈硬化患者殺し


インターネット
サイト犯罪





インターネット(HP)のスタッフ紹介





 新患外来の受付時間は月曜日から金曜日の8時30分から11時までになっています。また以下の予定表は2010年4月1日現在のものです。  
 循環器
ハートセンター外来にて診察いたします。
 お問い合わせ先 TEL:092−642−5302 
ハートセンター外来:092−642−5371(14時〜16時)・・・午前中は受け付けないということか。


 循環器内科は院内用のパンフレット「診療のご案内」を作っていない。しかも、初診では紹介状を必須としている。つまり、循環器内科も人体実験・動脈硬化患者殺害の共犯であることの証拠である。
 ひいては
九州大学一丸の組織的犯罪であることを示唆している。

■ 沿革
 
平成18年4月 北棟開院
 
第一内科血液・腫瘍内科及び免疫・膠原病に、 第二内科を消化管内科及び腎・高血圧・脳血管内科に、また第三内科を内分泌代謝及び肝臓・脾臓・内科に再編。

■研究紹介と診療グループ





■ 医業の広告規制:標榜科





九州大学病院 総合診療科



2014年11月13日付毎日新聞
どうすれば安全安心


 以上から、第一内科(血液・腫瘍内科及び免疫・膠原病・感染症内科)の7区分の診療グループの中で、第一内科の領域外の循環器グループ肝臓グループ糖尿病グループ疾患患者を、ハートセンター内実験室(カテーテル検査室)で、人体実験マルタにしているということである。
 尚、
下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)の専門診療科は血管外科で、ASO「血管外科の代表的な病気」です。)




 人体実験をやる者らは、患者を切り刻み殺害すること等、屁とも思っていない。奴らは人間ではない。鬼畜・悪魔の殺人鬼である。

■ 九州大学ハートセンター外来 
  
(第一内科)
 
血液・血管・腫瘍内科 小田代敬太 先生
 人体実験・患者殺しの
白衣を着たペテン師
 人類の為に、この者が、この世に存在してはならないのだ。





九州大学病院
人体実験片棒いだ

小倉記念病院 循環器内科
 
横井宏佳



■ 九州大学病院 外来診療棟3F


内科

第一内科(血液・腫瘍内科 免疫・膠原病・感染症内科)
第二内科(消化管内科 腎・高血圧・脳血管内科)
第三内科(内分泌代謝・糖尿病内科 肝臓・脾臓・胆道内科)


 血液・腫瘍内科のみ「内科※2」と「ハートセンター外来」の2箇所にある。
 
ハートセンター外来血液・腫瘍内科人体実験用施設である。
 ここに
藤原昌彦小田代敬太が待機していて、マルタにする獲物患者人体実験に引き込んでいく。

 藤原昌彦と小田代敬太の2人は若くないのに、落ち着きがなく、冨嶋が質問しようにも、大声で、のべつくまなく喋りまくって、まったく口を挟ませなかった。小田代敬太は少し頭がおかしく、狂っているのではないかと思うほどだった。


正しくは「嶋」


 

 「ハートセンター第一内科(血・腫内科)けで「循環器グループは記載していない。「騙された(患者の)方が馬鹿」では済まされないことである。

 事件当時、冨嶋は人体実験の材料にされようとしているとは思いもよらなかった。以下の図は藤原昌彦が描いたもので、斜線で治療箇所を特定して、「下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療」をすると告げられた。当然、1)〜12)の中で「ASOの治療に必要な項目」を選択して施行するものと思った。


 藤原昌彦は患者側に向かって、逆さ方向(逆向き)に足の図を描き、右・左の文字も同様に逆向きでサラサラと書いた。手慣れたものだった。「自分はASOの治療である『末梢血管インターベンション』のベテラン医師で、数多くの実績がある」と、冨嶋を錯誤に陥れた。
 今、思うと、それほどに
たくさん患者人体実験餌食にしたのである。
 父茂に人体実験をした翌朝(2010年9月22日朝)、入院室に、左腕の止血の包帯を切り取りに来てから以後、藤原昌彦の行方がつかめない。
 人体実験前日、
総合診療科「主治医以外の担当医」梶谷竜裕が唐突に「藤原は明日で九大をやめる」と言った。冨嶋は「どこに行くのですか」と」聞いた。返事は「知らん」だった。翌日、人体実験モニター室で、小田代敬太が「藤原は下関中央病院に転勤する」と言った。茂の死後、下関中央病院に何度も電話して確認したが、担当者が「養子に行ったのではないか」とまで言って、徹底的に調べてくれたが、結果は「そのような者(藤原昌彦)はここには来ていない」だった。

■ 昨夜(20104年11月17日夜)、インターネットで藤原昌彦の居場所がわかった。藤原昌彦は大阪府岸和田の岸和田徳洲会病院にいた。






 動脈硬化の患者を騙して人体実験をする際に、循環器内科学を少しでもかじった者(小田代敬太・藤原昌彦)の方が騙しやすいので、そういう連中を血液・腫瘍内科ダミーとして使った。

説明は循環器内科と思わせて
やるのは
癌の人体実験だった

 血液・腫瘍内科が総合内科だって・・・強欲な殺人鬼どもの戯言だ。世間では通用しない。藤原昌彦は「監視役の小田代敬太」に首根っこをしっかりつかまれている。

■ 人体実験ペテン師要員の小田代敬太が心臓血管外科にも出没することは、ハートセンター(循環器内科・血液腫瘍内科・心臓血管外科の共同使用)人体実験室である。

ハートセンター・インフォメーション


(右から)

富永心臓血管外科部長、田ノ上医師、深田医師、小田代医師



藤原昌彦の後任が深田光敬だった。

筑波大学大学院 循環器内科 HP スタッフ紹介
クリニカル・フェロー


 癌ビジネスは金になる。涎を垂らして見ているばかりではない。小田代敬太深田光敬人体実験(犯罪)直接手出している。







 閉塞動脈硬化症は正式には下肢閉塞性動脈硬化症で、心血管病ではない。


 平成18年、新病院ハートセンター開設以来、稼働している「最新機器を備えた2室のカテーテル検査室」「人体実験室」である。写真は人体実験モニター室を撮っている。写真「奥の四角窓」の中が人体実験室である。

さとう記念病院の心臓カテーテル検査室


長崎ハートクリニックの心臓カテーテル診療



総合診療部を騙る
梶谷竜裕正体



 梶谷竜裕は克子がいない時を見計らって、入院室に来て、茂に人体実験用に使う書類に署名させていた。




 下肢閉塞性動脈硬化症の治療をすると言って、しかも、その治療はしないで、骨移転有無を確認する検査を無理矢理に受けさせた。

 理由は梶谷竜裕が九州大学病院 腫瘍内科(第一内科腫瘍研究室)に所属する人体実験鬼だったからである。

 九州大学病院 血液・腫瘍内科
21世紀の平和な時代(平時)の
経済再生(成長戦略)
731部隊




 2012年4月1日 梶谷竜裕九州大学病院腫瘍内科入局し、九州がんセンター勤務となった。



 日本内科学会:第299回九州地方会プログラム−第一会場


小田 尚伸−研究者−rescearchmap






■ 竹嶋功人の今

 国立病院機構 九州医療センターを追い出されて、特殊医療法人八木厚生会 八木病院に在籍


■ 女マルタ狩りの毒殺魔:岡田享子の今

 ナチス女親衛隊以上鬼畜

 総合診療科一番の出世頭
 マルタ狩りと毒殺の貢献で、
助教准教授



■ 大西八郎の今




 この後、大西八郎は原三信病院から九州大学病院総合診療科に出戻っていたが、また、どこかに行ったようだ。


総括