2014年03月06日

680

 九州大学が人体実験をして、その犯罪「人道に対する罪」を隠蔽するために、刑事用心棒にして、殺害した家族の封じて、「自国民の人体実験」は闇に葬る。

 戦勝国「米国民(捕虜)の人体実験犯(九州帝国大学)」は処刑(死刑)。

 「自国民の人体実験犯」は、刑事を用心棒につけて、手厚く保護する。

 も百回言うと真実になるそうだ。真実を百回言うと、国連も米国も中国も取りあげる。

 HPを見て、電話をしてこられる人に、「ややこしい事件ですが、私の今の文章でわかりますか」と尋ねると、「わかります」と言われる。

 本件は「九州大学(原因疾患を治療する知識と技術のない医師に値しない劣悪者・変質者・異常者が主犯格、毒薬を盛って殺すしか能のない奴ら、殺しが収入、殺しで飯を食っている奴ら」)・「製薬会社」・「厚生労働省(かなりの幹部が共犯)」・「福岡の刑事(警察・・・下っ端の刑事だけでなく、上層部も共犯か)」の「出来レース」である。

 島国・日本国は「人権」も「民主主義」も「司法」も北朝鮮と「どっこい・どっこい」である。

 天皇陛下と皇太子が「平和憲法を遵守して執務します」と言っておられるのに、帝国主義・軍国主義の末裔(亡霊)が「憲法改正」を声高に唱える。不気味である。

 


 冨嶋の高校の同級生(山口銀行頭取の息子)は赤軍派の永田洋子に殺された。だから、冨嶋は殺される前に「言うべきこと」は言っておくことにしました。