2013年11月05日

672



医学の進歩に遅れをとった
大学病院を騙る
鬼畜以下の

ペテン師殺人集団

3科連携

 総合診療科
血液・腫瘍内科
循環器内科

 ペテンの辻褄合わせ

自前の犯罪証拠
信用度100%

ペテン整合性なし


 ペテンの根っこ

九州大学第一内科 現教授(赤司浩一)挨拶

 取り損なった百年前ノーベル賞


 第一内科の目玉科目「血液・腫瘍内科」は記載がない。挨拶の日付も記載なし。2008年(平成20年)に、第一内科の教授になっている(書証・資料 18・A 第一内科 教員・教室紹介)から、その年度の挨拶だろう。

 ワイル氏病とは・・・今では、単に「ワイル病」と言っている。






現代ではほとんど発症例がない。

 まさか「取り損なった百年前のノーベル賞」を持ち出していたとは・・・。


目 次

 総合診療科

 

 院内用の「診療のご案内」 

健康診断の結果を相談したい時?

 そんなことで、大学病院を受診するものはいない。
 行けば、カモが来たと、血液・腫瘍内科送りになる。

マルタ確保
「診療のご案内」の内容:あらゆる疾患の症状を網羅して記載

・どの診療科に行って良いかわからない時
・健康診断の結果を相談したい時
・熱がある時
・体がだるい時
・胸、お腹の調子が悪い時
・その他、体の不調を感じる時

 ご挨拶 九州大学病院総合診療科

 九州大学大学院 教授 林 純

 総合診療科が「標榜診療科ではない」ということは、専門診療科に紹介するだけの能力・資格しかなく、高度な専門医療機関である大学病院では「存在する場所がない」ということである。
 ところが、闇の癌ビジネスで金儲けを企む九州大学医学部(同病院)は、「総合診療部」に
「科」の外観を取り繕って、「マルタ確保・毒殺の働き口」を与えた。
 めざましい進歩を遂げた近代医学において、大企業が本腰で医療精密機器製造に乗り出し、専門医療そのものが著しく細分化され高度化されている中で、総合診療医が専門医と「同等の医学知識・医療技術を持つこと」は不可能である。
 医学は日々、刻一刻と進歩する。専門医すら切磋琢磨しないと取り残されるときに、基礎ができていない総合診療医が専門医に追いつくことはできない。
 医療は医師に生計維持の働き口を与え、養うためにあるのではない。

○○に刃物
総合診療科医
毒殺薬剤


 HPの「診療科のご案内」

 九州大学病院の殺人業は内科の初診者全部をマルタに確保する「総合診療科」でもつの体制である。




 血液・腫瘍内科

 

 院内用の「診療のご案内」

 循環器グループの小田代敬太担当の心血管疾患の記載がない?! 




 現教授挨拶

 九州大学第一内科 教授 赤司浩一

 第一内科は「内科の一教室」にすぎない。
 
(他に第二・第三内科が存在する。)

 虚偽「総合内科学教室」

 沿革(書証・資料 NO18・A)-2006年(平成18年)4月 第一内科を「血液・腫瘍内科」及び「免疫・膠原病・感染症内科」に再編。「診療科のご案内」も同じ。



 HPの「診療科のご案内」

 虚偽(ねつ造)「血液血管内科」




 循環器内科

 

 院内用の「診療のご案内」

作ってない!?

 教授挨拶

 教授 砂川賢二

犯罪動機

研究は眼中にない。

診療放棄

銭ゲバ教授


マルタ確保悪魔誘引


大学病院行き過ぎた利益追求
銭ゲバ教授の砂川が本心吐露


 検査・治療紹介

 虚偽の辻褄合わせ
市民公開講座のペテン
総合診療科の「診療のご案内」

初診者を騙すことしか考えていない。

 砂川の大虚言
(犯罪一味であることの証拠)
 
閉塞性動脈硬化症あらゆる心血管病

「医業」から「殺人業」へ職業替え


最新機器を備えた新カテーテル検査2室

人体実験室
癌ビジネス

 院内用の「診療のご案内」を作らず、「院内紹介・院内移送」もしないで、患者数が急増することは絶対にない。
 「闇
ビジネス(人体実験)・毒殺」と「カテーテル検査・カテーテル治療」をすり替えて「保険申告・会計処理(税金申告)」をしている。
 集金の手間をかけなくても、毎月、巨額の金が転がり込んでくる。本音「馬鹿らしくて、研究や仕事ができるか」である。

ペテン体質の表出世界の標準云々



 九州大学病院の院内に置いてある

 「九州大学病院別府病院 環境・呼吸・老年病内科」の「診療のご案内」

 ・・・本院のある「JR博多駅」から、別院がある「JR別府駅」までは、特急電車で2時間あまりかかる。



 HPの「診療科のご案内」




毒蜘蛛がはった巣網にひっかかった獲物をがんじがらめにして、殺害して、食うのと同じ、犯行手口である。

 心不全の診断と治療

 

 心不全とは

 「心不全」とは、「病名」ではなく、心臓がポンプとしての役割を果たせなくなった「状態」

 心不全は、ガソリン供給パイプが詰まる
狭心症や心筋梗塞、シリンダーの弁が摩耗する弁膜症などさまざまな心臓の病気が最終的に行きつく状態である。

 
高血圧全身の動脈硬化(オイルや冷却水の不足や金属疲労)、不整脈(電気系統のトラブル)も心不全の誘因となる。
 ー書証・資料 NO7(10 心不全.com 1/2)ー 

 端的に述べると「心臓の収縮力が低下」した状態である。
 ー書証・資料 NO7 心不全-Wikipedia 1/7ー

 入院当日朝まで至適血圧だった。

至適血圧 (してき けつあつ)
書証・資料 NO19・1

至適血圧とは、最もよい状態の血圧という意味です。心筋梗塞脳卒中などをほとんど起こさない、安全な血圧値です。
※血圧値=「上(収縮期血圧)119mmHg以下」
        「下(拡張期血圧) 79mmHg以下」

 茂は入院中、重大な副作用にアナフィラキシーショックがある「パリエット錠10mg」を盛られ、血管拡張剤で降圧作用のある「ニトロダームTTS25mg」を取りあげられ、「至適血圧」だったのが、「重症高血圧」にされて、「脳動脈瘤破裂」による「くも膜下出血」で殺された。

 例えば、高血圧で長年、心臓に負担がかかっている場合などでも、しだいに「その働き」が落ち、心不全原因となります。
 ー書証・資料 NO7 
「7」心不全 心臓 循環器病あれこれ 国立循環器病情報サービス 2/6ー

 心不全の予後は、原疾患によって異なるが、一般的には、心不全に対して適切な治療が為されていれば、長期生存可能である。
 ー書証・資料 NO7  心不全-Wikipedia 6/7ー

 心不全の検査

 心電図胸部X線必須検査(診断と治療 9 『診断と治療社』

・心電図
・胸部X線(不可欠)
・心臓
・MRI
・ホルダー心電図
・運動負荷
・血液ガス
・心臓カテーテル検査
・血液検査

 ● 血液検査

・ヘマクリット
(血液中に占める血球の割合)
・BUN

(血液尿素窒素)

・クレアチニン
(筋肉運動のエネルギーとして代謝される「クレアチニン」の代謝後の老廃物)
・電解質

(体液中のイオン濃度を測定し、バランスの崩れを調べて体内の障害を診断する)

・タンパク
(腎臓の機能を診る)
・CRP

(体内に炎症が起きたり、組織の一部が壊れたりした場合、血液中に蛋白質の一種である C-リアクディブ・プロテイン=CRPが現われます。このCRPは、正常な血液のなかには ごく微量にしか見られないため、炎症の有無を診断するのにこの検査が行われる)

・ANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)
 心不全や腎不全などの重症度や治療効果を判定するときに検査される。その他、 高血圧の病態把握、内分泌疾患のスクリーニングなどにも用いられている。
・BNP(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド)
 BNPも 同様に、心不全の臨床的指標として非常に有用とされている。
 
慢性期心不全管理に用いる。慢性期には1ヶ月に1回検査。

・尿検査・・「比重」「1日Na排泄量」
 ● BNP検査

 入院翌日(2010年9月15日)朝 
 
BNP:110.8
 

 

症状

治療方針

Ⅰ度
 

日常生活における活動では症状は起こらない

A
C
E










 


 

Ⅱ度

 

安静時には無症状であるが日常生活で疲れ、動悸、呼吸困難、狭心症状が起こる
 







利尿


 



 

Ⅲ度

 

軽い日常生活でも疲れ、動悸、呼吸困難、狭心症状が起こる
 

血管拡張剤

 



 

Ⅳ度

 

安静時でも心不全症状や狭心症状が起こる。
 

心移植/補助循環
 

単位はpg/ml
 

18.4以下

基準範囲

BNPでは基準範囲内です

18.5~39

要経過観察

軽度の心疾患の疑い

40~99
 

要精密検査
 

心疾患の疑い(場合によっては治療の必要性)
疾患の把握の為精密検査が必要です

100以上

 

要精密検査

 

心不全の疑い(治療を要する)
疾患の把握の為精密治療が必要です

 

心臓の元気度がわかる唯一の血液検査
ーBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチドー)ー
書証・資料 NO7 医学知識解説

* 心不全が死因に多いのは、死因解明が十分になされないから、心不全に至った原因を解明すべきである。

 司法解剖で死因をキッチリ確定すべきで、
「自殺」「他殺」「病死」かも分からないまま火葬されている。
 
これが九州大学病院(九州大学医学部)の「急変死偽装殺人手口」である。

 死因究明がキッチリなされていない国の医療システムは破綻している。フィンランドには「死因法」がある。

 ー書証・資料 NO7  
心不全(CCS) 心不全 仰向けに寝ると咳が出る 拡張型 慢性心不全 3/7ー

 心不全の治し方

基礎疾患の治療
並行

心不全治療(薬物療法)

 ー書証・資料 NO7 「7」心不全 心臓 循環器病あれこれ 国立循環器病情報サービス 4/6 ー
 

 心不全の治し方

症状が安定しているかどうかによって、心不全は大きく二つに分類されます。というのは、症状が同じでも治療は本質的に異なるからです。

安定した状態から急激に悪化する場合を「急性心不全」、それなりに体全体のバランスがとれ、状態が安定している場合を「慢性心不全」といいます。

風邪、過労、ストレスが引き金になって急性心不全が起こることがよくあります。また、急性心不全が原因不明の突然死の原因になることも考えられます<図6>。

一般に急性心不全の時は、入院を必要とすることが多く、安静が必要で、酸素吸入を行ったり、一時的に心臓の働きを高める薬を使ったりします。<図7>。

また、運動制限が必要ですが、安定期には、逆に負担にならない程度の適当な運動も必要です。

慢性心不全では、心臓に対してはむしろ過度な刺激から守る薬を用います。

図6 風邪、過労、ストレスが引き金で急性心不全となり、突然死することもある
図6:風邪、過労、ストレスが引き金で急性心不全となり、突然死することもある
図7 急性心不全ではすぐ入院
図7:急性心不全ではすぐ入院

 原因となる病気の治療

心不全は病気の原因ではなく、心臓の働きが低下した結果、起きた状態ですから、治療の原則は、心臓の働きを低下させたもともとの原因をはっきりさせ、その病気を治療することにあるのはいうまでもありません。

高血圧は心臓の負担になるだけでなく、心臓の筋肉の質的劣化をきたしますから、そのコントロールは極めて大切です。

狭心症や心筋梗塞が原因であれば、冠動脈に風船(バルーン)を入れて膨らませ、この動脈の流れをよくする風船治療や、冠動脈バイパス手術などが、心臓弁膜症では弁を人工弁と取り替える人工弁置換術などが必要になります。

しかし、こうした治療も、すでに心臓の働きがかなり低下している場合は、効果に限界があります。

拡張型心筋症という心臓の筋肉自身の病気の時は、原因は不明で根本的な治療法はありません。しかし、その原因がなんであれ、心不全の状態を少しでも改善する治療法は飛躍的に進歩してきました。

 慢性心不全の薬による治療

 慢性心不全基礎疾患に対する加療を行うことが原則となる。これに加え、生命予後ないしQOLの改善が期待できる「心不全治療」を行う。
 
基本薬物療法で、左室リモデリングの進行を防ぎ、さらにこれを回復させるリバースリモデリング作用を有する治療により生命予後改善をはかる。

基礎疾患の加療
並行

心不全治療(薬物治療)

体内の余分な水分を取り除く「利尿剤」、心臓の働きを手助けする「ジギタリス剤」、心臓にかかる負担を軽くするアンギオテンシン変換酵素阻害剤などの「血管拡張剤」、長期的には心臓に障害を与えやすい神経やホルモンの作用を抑制する「ベータ遮断剤」などがあります。

これらの薬で、心不全症状が改善したり、落ちついたりしても、症状が再発することがあります。一つは原因となる病気が進行した場合で、この時は薬の処方を改めて検討する必要があります。

また、体調がよくなり、患者さんが病気は治ったと自分で判断し、薬の服用を中断して症状が悪化する場合があります。薬の変更は必ず主治医に相談してください。<図8>。

図8 “ 薬の変更”は必ず主治医と相談すること
図8:“ 薬の変更”は必ず主治医と相談すること

日常どんな注意が必要か

心不全を起こした病気自体は進行しなくても、心不全症状が出たり、悪化したりすることがあります。悪化の引き金になるようなことは、患者さんの日々の生活の中で心がければ避けることができますから、よく注意してほしいのです。

過労はもちろん、風邪を引いたりすると、心臓に負担がかかります。同様に長時間の入浴、熱い湯も心臓の負担となります。

心不全の重症度に合わせた運動制限も必要です。しかしながら、過度の制限は逆効果です。心不全の程度に見合った運動は、運動能力のアップにつながり、大切な生活習慣と考えられるようになってきました<図9>。

図9 心不全になっても症状に合わせて適度の運動を
図9:心不全になっても症状に合わせて適度の運動を

食生活も重要です。肥満は心臓に負担をかけます<図10>。たばこは心臓や肺に有害です。心不全とわかったら、禁煙すべきなのはいうまでもありません。塩分のとりすぎは体からの水分排せつの妨げとなりますから、塩分の制限は水分制限以上に重要な意味をもっています。

図10 ふとり過ぎないよう、いつも注意する
図10:ふとり過ぎないよう、いつも注意する

アルコールの飲み過ぎが心不全の原因となることがあり、酒類を控えることで、心臓の働きが劇的によくなる場合があります。逆にいえば、飲酒は心臓の負担になるわけで、「飲むにしてもほどほどに」が大原則です<図11>。

図11 節酒、禁煙、塩分ひかえ目で
図11:節酒、禁煙、塩分ひかえ目で

最終更新日 2013年06月19日

 慢性心不全

 左心不全
心室の収縮力低下は、肺うっ血を引き起こし、これが原因となって肺がむくみ呼吸困難となる。呼吸困難は労作時の軽い息切れから、夜間突然胸が苦しくなって目が覚め座ると楽になるもの、起座呼吸や喘鳴を伴うもの、さらに激しい呼吸困難を伴う肺水腫までいろいろある。左心不全心筋梗塞の発作後にしばしばみられ、狭心症高血圧・心筋疾患などにもみられる。また、発作のかたちで出現するものを「急性心不全といい、徐々に運動能力低下としてあらわれる場合を「慢性心不全という。
(書証・資料 NO14 心不全とはーはてなキーワード 1/3)

 今日の治療指針 2013(医学書院)









 心不全の早期診断

 BNPNTーproBNP値を心不全診療に活かす第一歩は、心不全の早期診断です(日本心不全学会)。


心不全学会がBNPの指針発表


REPORT

2009. 12. 25

日経メディカル2009年12月号「トレンドビュー」(転載)

 外来BNPを使いこなす

 40pg/mL前後異常疑う目安

北澤 京子=日経メディカル

関連ジャンル:
心不全
臨床検査

 心不全のマーカーとして知られるBNP。主に入院患者に対する検査という位置付けだったが、診療所でも使える迅速診断装置が登場したことで、外来での検査が増えている。(記事全文を読む

 書証・資料 NO1 入院前



 心臓の元気がわかる唯一の血液検査
 
ーBNP(脳性ナチリウム利尿ペプチドー

書証・資料 NO3 





急性期

書証・資料 NO7 心不全ーWikipedia 5/7

CS1
血圧が高いタイプで、sBPは140mmHgより上である。急激な呼吸困難、肺水腫(flash)が主病態となり、胸部X線写真上、心臓は拡大していないことも多い。高血圧によるものが多く、ある日突然に息苦しくなる。
治療としては、まず血管拡張薬の投与が行なわれる。

急性心不全

書証・資料 NO7 急性心不全(心臓喘息)
ーgooヘルスケア 1/3

急性心不全(心臓喘息)とはどんな病気か

 心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下して、全身の血液の流れが滞る状態(うっ血)です。
 心臓のポンプ機能のうち、肺から血液を吸い上げる力が低下することで肺にうっ血(肺胞(はいほう)のなかに液体が滲(し)み出してたまる)し、酸素交換が悪くなることから呼吸困難になります。また、全身に血液を送り出す力が低下するので、口唇や皮膚が紫色になるチアノーゼが起こります。

 血圧が低下する状態心原性(しんげんせい)ショックいわれ、適切に治療をしないと生命の維持が困難になります。

 (心原性ショックとは、心臓が原因でショックになること)

原因は何か

 最も多い原因は、急性心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性(きょけつせい)心疾患です。
 ほかの原因としては拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)、心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、
高血圧性心疾患、先天性心疾患甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)などがあります。

 急性心筋梗塞では突然に発症することが多いのですが、その他の病気では慢性に続いている心不全が急速に悪化して急性心不全になることがあり、慢性心不全急性増悪(ぞうあく)と呼ばれます。
 このような場合は、
心不全を悪化させる誘因がはたらきます。誘因として多いのは、かぜなどの感染症、不整脈、肉体的・精神的なストレス、過剰な飲水・飲食、薬ののみ忘れ、不適切投与などです。甲状腺機能亢進症、貧血、妊娠などが誘因になることもしばしばあります。

 本件犯行→心不全に着眼

慢性心不全

不適切な薬の投与
画策
パリエット錠10mg


慢性心不全急性増悪

急性心不全の「心原性ショック状態」
急激な血圧低下で意識不明
(急変死偽装)

陰謀
死亡退院

症状の現れ方

 激しい呼吸困難で発症します。同時に咳と痰が出ます。泡のような痰で、時にピンク色になります。
 呼吸困難は半座位(はんざい)(上半身を起こした姿勢)で楽になり、仰臥位(ぎょうがい)(あおむけ)で悪化します。唇が紫色になり、手足は冷たく、全身に冷や汗をかきます。脈が速くなり、動悸を訴えることがあります。このような状態が急速に出現し、悪化していくことが急性心不全の特徴です。
 急性心筋梗塞では、胸痛や胸部圧迫感が現れます。
 心臓喘息(しんぞうぜんそく)は、急性心不全の症状のひとつで、ぜーぜーと咳き込む症状が起こります。肺うっ血のために気管支が圧迫されることが原因で、喘息と似た症状が起こります。

検査と診断

 治療は一刻を争うため、診断と治療は同時に行われます。まず行われる検査は、胸部X線検査心電図心エコー(超音波)血液検査です。

治療の方法

 まず、半座位をとります。酸素吸入を始め利尿薬血管拡張薬強心薬を投与します。
 呼吸の状態が非常に悪い場合は、気管内挿管をして人工呼吸を行います。利尿とともに呼吸は楽になります。同時に、原因となる
急性心筋梗塞や不整脈(ふせいみゃく)に対する治療が行われます。

急性心不全(心臓喘息)に気づいたらどうする

 一刻も早く、専門医のいる救急病院入院することす。呼吸の状態が悪い場合は、救急車による搬送を依頼します。

 退院後は、再発予防のために食塩と水分の過剰摂取や飲酒は避け、過食に気をつけます。さらに、休養と睡眠を十分にとります。
 医師の指示に従って安静の程度を守り、
内服治療継続します。また、医師と相談して、可能な範囲で応急処置の準備をしておくとよいでしょう。

関連項目

 急性心筋梗塞慢性心不全心室頻拍

急性心不全とはどんな病気?

私たちのからだが活動を行なうためには、全身の組織において栄養分や酸素が必要です。心臓は、栄養分や酸素を含んだ血液を全身に送り出すポンプのはたらきをしています。

このポンプのはたらきが低下して、全身が必要とする血液を十分に送り出すことができなくなった状態を心不全といいます。簡単にいうと、心不全とは、心臓が弱った状態のことです。

わかりやすくて参考になるおススメの本(楽天) → 急性心不全診療のテクニック

 心不全のおこり方

 「①急性心不全」「②慢性心不全」慢性心不全の急性増悪」、の三つに分けられます。

①急性心不全とは、
 急性心筋梗塞症などの急性の病気が原因となって、それまで症状がなかった人に呼吸困難、起坐呼吸、血圧低下などの心不全の症状が急に出現するもので、緊急の入院治療が必要です。

②慢性心不全とは、
 心臓弁膜症や心筋症が原因となって心臓のはたらきが低下し、
運動時の動悸息切れ呼吸困難足のむくみなどの症状が慢性的持続しているものです。この場合、症状を軽くしたり、心不全の進行をくいとめるための検査や治療が必要です。

慢性心不全の急性増悪とは、
 心臓のはたらきが低下しているけれども症状が軽くて安定していた
慢性心不全患者さんに、なんらかのきっかけで「呼吸困難などの症状」が出現するものです。
 
この場合は急性心不全と同様に、緊急入院治療が必要です。

 急変死にも「急変の原因」がある

 慢性心不全の「基礎疾患の治療(冠動脈インターベンション)」を実施して、それから1週間継続入院中に、急性心不全心原性ショック状態(急激な血圧低下で意識不明になる)になったということは、茂の体質に合わない毒薬「パリエット錠10mg」を盛られた以外に原因がない。

 慢性心不全
狭心症の治療

心臓カテーテル治療
冠動脈インターベンション


1週間後
パリエット錠10mg

慢性心不全急性増悪

急性心不全の「心原性ショック状態」
急激な血圧低下で意識不明

 また心不全は、左心室と右心室のどちらのはたらきがおもに低下するかによって、左心不全(左心室のはたらきが低下する)と右心不全(右心室のはたらきが低下する)に分類することができます

筑波大学院医学医療系  循環器内科

患者様へ

心不全

心不全とは何ですか? ・ 心不全の原因は?心不全の危険性が高い人はどういう人?
心不全の症状にはどういうものがありますか? 
心不全はどうやって診断するのですか? ・ 心不全はどうやって治療するのですか? 
心不全を予防するにはどうすれば良いの? ・ Key Point キーポイント


心不全はどうやって診断するのですか?

あなたが心不全になったかどうかを、ひとつだけの検査で診断できるわけではありません。疲労感や息切れ,浮腫といった症状の方が診断にはむしろ大切で、臨床的診断は問診を中心にして行います。
外来では、この他にこれまでの病気の既往を問診したり、身体所見の診察を行います。
これにより、次のようなことが判ります。


1.心不全の原因となりうる疾患の確認
2.症状が心不全以外の疾患が原因でないかどうかの確認
3.心臓の障害とポンプ機能の低下の程度の判定


診察

1.心臓の聴診を行って雑音や過剰な心音がないかどうかを確認します
2.肺の聴診を行って過剰な液体の貯留がないかどうかを確認します
3.足を指で押してむくみがないかどうかを確認します
4.首の静脈が怒張(拡大していること)しているかどうかを確認します


検査

問診と聴診で心不全が疑われたら次のような検査を行います:

1.心電図

不整脈や過去の心筋梗塞,心肥大などが判定できます


.胸部レントゲン写真

レントゲン写真で心臓と肺を撮影します。これにより、心臓が拡大しているかどうか、肺に液体が貯留しているかどうか、あるいは、息切れの原因となりうる肺の疾患にかかっているかどうかが判定できます。


.血中BNP測定

心不全では重症度に応じて血液中のBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)と呼ばれているホルモンが増加することが知られています。採血でこのホルモンの血中濃度を測定します。

ここまでの問診,診察,簡単な検査で心不全が強く疑われた場合には、心臓の専門医による検査と治療が必要になります。


4.心エコー法

心エコー法は心不全を診断するために最も役に立つ検査法です。この検査は超音波を用いて心臓の断面図を描写するもので、心臓の動きを動画として記録することができます。 心エコー法は、心臓の動きを診断する他に、心臓のサイズを計測したり、心臓の形態や弁の機能が判定できます。


5.ホルター心電図

ホルター心電図は通常24時間、心電図を装着して、日常生活での心臓のリズムを連続記録する検査法です。検査のためには、あなたの胸にパッチ(電極)を着け、記録装置が入っている小さな箱を袋で首からさげていただくことになります。


6.心臓核医学検査

心臓核医学検査はアイソトープにより心筋の代謝などを精密に検査する方法です。少量のアイソトープを腕の静脈から注入し、特別なカメラで撮影すると、アイソトープが取り込まれた健康な心筋では明るくなりますが、損傷を受けているか、あるいは血液の供給が不足している心筋の領域ではアイソトープが取り込まれないために明るくならず暗いままになります。心臓核医学検査に用いるアイソトープは、検査の目的に応じて数種類を併用することもあります。


7.心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査は、細くて柔軟なチューブ(カテーテル)を心臓内にまで挿入し、心臓の各部屋の圧力や血流を測定する検査法です。足(鼠径部)や腕,頚部の動脈と静脈を穿刺してカテーテルを挿入します。心臓内から直接、心筋や血液のサンプルを取ってくることもあります。


8.冠動脈造影(カテーテルで造影剤を冠動脈に注入)

冠動脈造影は、通常、心臓カテーテル法とともに行います。カテーテルを通じて造影剤を冠動脈に注入し、冠動脈に血液が十分流れているかどうかを判定します。


9.MRI

最近、心筋のダメージの評価のためにMRI(磁気共鳴画像検査)が用いられるようになりました。MRIは心筋の構造の詳細なイメージが得ることが可能です。


血液検査のBNPとは
書証・資料 NO2

 BNPの血液検査における基準値は18.4以下、40~99で心疾患疑い、100以上では心不全の疑いがあります。40以上では精密検査を要し、100以上では治療が必要です。

 普通の健常者であれば20pg/mL以下のごくごくわずかな量であるといわれます。
 
これが50pg/mLにもなれば、何らかの異常が体内で起こっている可能性があり、100pg/mL以上だと心不全の疑いが高いということになるのです。


札幌厚生病院循環器科
書証・資料 NO2

ⅰ 心不全の治療(3方面から)

1.原因疾患の治療
2.心不全の増悪因子の除去
3.心不全自体の治療




心不全自体治療薬物療法基本
当然、投薬には専門知識が必要である。

 最近の研究では心不全の原因、重症度にかかわらず、生存期間著明延長し、入院回数減少するとの報告がなされています(CIBIS-Ⅱ研究、COPERNICUS研究)。

 心不全とははてなキーワード
書証・資料 NO14

治療
心不全の治療としては、(1)心臓負担の軽減、(2)薬物による治療、(3)食塩制限による食事療3原則とされている。

3原則

 (1)心臓負担の軽減
  
(2)薬物治療
  
(3)食塩制限による食事療法
 心臓の負担を避ける為、安静が最も必要です。心不全入院して患者さんを安静にしてるだけで利尿がつき、状態改善がみられます。
マスコミでは社会上の立場から、首吊り自殺心不全として報道することが有る。また、警察においては、変死体司法解剖もせずに心不全で片付けることは珍しくない(参考)。

 九州大学病院(医学部)ここに目をつけた。

 心不全を前面に出すと「手の内(急変死を偽装した死亡退院)」がもろに発覚するから、市民公開講座(「整形外科で症状が改善しなかったら内科に相談を」)を催して、一般に知られていない閉塞性動脈硬化症」(専門診療科・血管外科)で誘き寄せることを策謀し、循環器内科の院内用の「診療のご案内」を作らないで、且つ、院内紹介・院内移送もしないことにして、「総合診療部」の外観を「内科全部を統括する科」のごとく見せかける「総合診療科」に格上げして、動脈硬化の患者をマルタに確保する網をはった。

 また、心不全に対する専門知識と心血管疾患のカテーテル診療技術のない、開業医「能丸真司」と関門医療センターの勤務医「古谷雄司循環器内科医長」の2人は、「営業利益の確保」と「職場の古参の地位の維持」の保身で、「心不全・カテーテルの診療ができる専門医」に紹介・移送しないで、劣悪な自己の元にひき止め、胸痛を訴える茂に対して、90歳を過ぎると「早く死ね」とばかりに、鬼の形相で「もう、治療もない」と恫喝して、「未必の故意の殺人行為」に及んだ。

 人殺しが「殺害する被害者」を恫喝するのは医者だけである。強盗が「殺すぞ」と脅すのとは違う。

 そうやって、自己負担金をむしり取り、保険金を騙し取って、息を引き取るまで、患者を食いものにする。保険のダニであり、正真正銘の殺人ビジネスである。

 九州大学病院(九州大学医学部)の殺人集団・能丸真司・古谷雄司は、患者殺害を何とも思っていない。恐れるのは「患者殺しがバレたら困る」の「保身」だけである。

メルクマニュアル家庭版。25章 心不全
書証・資料 NO10

 心不全は年齢を問わず起こり、特に、生まれつき心臓に欠損がある幼児にも起こります。しかし、高齢者は心筋が損傷する病気にかかりやすく、加齢に伴う変化によって心臓の機能が低下するため、若年者よりはるかに多くの心不全がみられます。心不全が生じる確率は約100人に1人です。寿命が長くなり、一部の国では喫煙、高血圧、高脂肪食など、心疾患を起こす危険因子をかかえる人が多くなっていることから、心不全の患者は増加する傾向にある。

心不全と治療薬
書証・資料 NO14

 心不全の症状と前負荷・後負荷(1/4)
心不全には『呼吸困難・息切れ」、「易疲労感」、「低心拍による症状」、「全身うっ血による症状」などが挙げられる。低心拍では低血圧や意識障害、ショックが起こる。全身うっ血では浮腫や肝肥大が起こる。

利尿薬は前負荷を軽減する働きがあり、心不全の治療に用いられる。

   前負荷と後負荷

 New York Association(NYHA)心機能分類と薬物治療(2/4)
慢性心不全において、NYHA心機能分類の重症度と症状、使用する薬物は次のようになる。

心機能分類

症状

薬物治療

NYHA Ⅰ度

心疾患を有するが、通常の身体活動に制限がなく疲労、呼吸困難、狭心痛を生じない。 ACE阻害薬

NYHA Ⅱ度

身体活動に少しの制限はあるが、安静にすると楽に生活できる。通常の身体活動で疲労、呼吸困難、狭心痛を生じる。

ACE阻害薬
利尿薬
ジギタリス剤

NYHA Ⅲ度

身体活動に強い制限はあるが、安静にすると楽に生活できる。通常の身体活動以下で疲労、呼吸困難、狭心痛を生じる。

ACE阻害薬
利尿薬
ジギタリス剤

NYHA Ⅳ度

心疾患を有しており、どのような身体活動でも苦痛を伴う。心不全、狭心症徴候が安静時にも認められる。

ACE阻害薬
利尿薬
ジギタリス剤
その他強心剤

○ 硝酸薬(3/4)

 硝酸薬はNO(一酸化窒素)を放出し、血管を拡張させる作用をもつ。硝酸薬にはニトログリセリン(商品名:ニトロダーム)、硝酸イソソルビド(商品名:ニトロール)があり、前負荷・後負荷を軽減する。

薬物名

商品名

作用機序

作用の特徴

ジギタリス Na-K-ATPase阻害

心筋収縮量の増大 :
強心配糖体

ドパミン
ドブタミン

β1受容体受容体刺激

心筋収縮量の増大 :
心筋細胞内cAMPの増加

アミノフィリン
ミルリノン

ネオフィリン
ミルリーラ

ホスホジエステラーゼⅢ(PDEⅢ)阻害

フロセミド
スピロノラクトン

ラシックス
アルダクトン

利尿作用(前負荷の軽減) 心臓の負荷軽減

エナラプリル
カプトプリル

レニベース
カプトリル

アンジオテンシン変換酵素(ACE) 阻害薬

カンデサルタン
バルサルタン

ブロプレス
ディオバン

アンジオテンシンⅡ受容体遮断
カルベジロール アーチスト α・β受容体遮断薬

ニトログリセリン
硝酸イソソルビド

ニトロダーム
ニトロール

血管拡張
カルペリチド ハンプ 利尿作用・血管拡張

心不全治療.com(心不全とは)
書証・資料 NO14

心不全の治療法

急性心不全では、血圧低下が著しい時はカテコラミンを用い、肺うっ血~肺水腫があるときは、前負荷を軽減する薬物(フロセミド、ニトログリセリンなど)さらには強心薬を用いる。

不整脈が急性心不全の原因又は悪化因子となっている場合は抗不整脈薬を用いる。

慢性心不全の場合は、症状により若干異なりますが、軽症・重症問わずACE阻害薬が第一選択薬となります。

これでも改善が見られない場合は利尿薬、αβ遮断薬、ジギタリス製剤が併用されます。

利尿薬は体液量を減少させ前負荷を軽減させ、ACE阻害薬は血管弛緩による後負荷、アルドステロン抑制による前負荷を減少、ジギタリス製剤は強心作用と、心拍数の減少により心不全を治療する要・専門知識

ニトロダームTTSの経皮吸収システム
書証・資料 NO14
http://www.nitro.jp/kusuri/ku002.html








ニトログリセリン
ニトログリセリンーYahoo!百科事典

 狭心症の発作の予防に古くから用いられている。最近では軟膏、プラスターができ、塗布または貼付して狭心症の予防に用いられる。さらに注射液として血圧降下の目的で点滴静脈注射で用いられる。


犯行手口の解明
ニトログリセリンとは「単語記事」ーニコニコ大百科

 ニトロダームTTS25mgの「効果」(急激な血管拡張により、一時的に心臓の負担を軽減する)の作用としての「結果」(血圧低下・気を失うこと:意識不明)と、パリエット錠10mgの「重大な副作用のアナフィラキシーショック」をすり替えた。 

 しかし、
ニトロダームTTS25mgは、茂の2008年(平成20年)8月19日以来の常備薬だったから、ニトロダームTTS25mgでは、茂に急激な血圧低下による意識不明のショックは起こらない。
 
パリエット錠10mgは、それまで茂が服用したことのない薬だった。初めて服用した薬が、体質にあわないとき、重大な副作用(アナフィラキシーショック)が起こる(抗原抗体反応)。

 九州大学病院(九州大学医学部)の殺人集団は、
死亡退院させることを目的に、計画的(専門知識を悪用・入院中に試行錯誤・研究して)に、パリエット錠10mg毒薬として茂に盛ったのである。

 九州大学病院(九州大学医学部)の殺人集団は、パリエット錠10mg以外にも、
PL配合顆粒ガスポートD錠20mgなどを投与して、パリエット錠10mg同様の重大な副作用惹起毒殺を試みている。

アナフィラキシーショック
書証・資料 NO7
医学知識解説
http://www.nms.co/jp.
QQ/shock.html

3)アナフィラキシーショック
 
1.病態生理:Ⅰ型アレルギー(即時型アレルギー反応)による。従って、なんらかの抗 原刺激が先行するが、最も頻度の高いものは薬剤で、希に食物、虫によるものなどが みられる。ヒスタミンなどのケミカルメディエーターの作用により、気管支平滑筋攣 縮、血管平滑筋拡張、毛細血管透過性亢進がおこり、種々の症状を発現する。
 
2.臨床症状:多くの場合、抗原暴露より1~30分以内に以下のような症状が様々な組 合せで出現する(造影剤などは、注入後数10分を経過してショックになることもあ るので注意!)。 a)蕁麻疹様皮疹 b)気管支喘息様症状:重篤な場合は、声門浮腫、喉頭痙攣、呼吸停止。 c)血圧低下:重篤な場合は心室細動、心停止。 d)痙攣
 
3.治療:軽症の場合、蕁麻疹のみですむことが多いが、ここでは重症の場合の対応法に ついて述べる。   
  
a)まず、ボスミン(血圧低下時の第一選択)0.2~0.5mg皮下注。 症状の改善程度に応じて、15~20分毎に繰り返す。   
  
b)必要に応じて気道確保、人工呼吸、心マッサージなどを行いつつ、血管を確保する (喉頭痙攣の時は、輪状甲状軟骨間膜穿刺、緊急気管切開を要することがある)。
 
c)抗ヒスタミン剤:クロルトリメトン1Aゆっくり静注
 
d)ステロイド:ハイドロコルチゾン200~500mg静注     
 注:c)d)は病態のより原因に近い部分を改善するが、効果発現までに時間がかかる (特にステロイド)。
 
4.アナフィラキシーショックを起こす頻度の高い薬剤    
 
抗生物質(特にβラクタム剤)、キシロカイン、造影剤、抗不整脈剤(クラス1a)、 強ミノC、ステロイド、抗血清、バルビタールなど。
   
 
 薬剤はすべて、ショックを起こす可能性があることを記憶すべし!

心臓カテーテル検査の目的
書証・資料 NO3
http://www.kaimayo.com/med/1/archives/2005/11/post-19.html

心臓カテーテル検査の目的

心臓カテーテル検査の目的は、心臓の冠動脈という血管に細くなっているところがあるかどうかを判断するためである。細くなり、狭窄している血管をさがすのが目的となる。

心臓カテーテル検査の目的は、検査であるので、治療は行わない。
造影剤を流して、細くなっている部分が確認できたらそれでおしまいである。
ただし、検査と治療を一緒に行うこともできる。
それは患者さんの同意のもとに行うが、緊急の場合も治療を行うことがある。


狭心症の原因は、冠動脈が細くなっているか狭窄しているか、完全に閉塞しているかである。
それは、冠動脈を造影してみればすぐにわかる。


そして冠動脈の全部の血管をしらべて、どこがどのくらい細いのかを調べるのが、心臓カテーテル検査の目的となる。


患者さんの立場からすれば、
自分の心臓の血管が、

・細くなっている部分があるかないか?

・細くなっているとしたら、どのくらい細くなっているのか?
 またそれは治療する必要があるのかないのか?

・細くなっている部分は何箇所あるのか?
 また治療する必要があるのは何箇所あるのか?

・治療する必要がある血管は、心臓カテーテル治療で行えるのか?
 それとも、心臓バイパス手術になるのか?

以上のことを気にかける必要がある。

最悪の場合は、心臓バイパス手術になってしまうが、これはかなりの重症の場合である。


ただ、心臓カテーテル検査をすれば、確定診断がつくので、どこがおかしくて、治療する必要があるのかないのかはっきりする。

心臓カテーテル検査をしたのに「いまいちよくわからない」ということはない。

絶対に答はでるので、とりあえず狭心症かどうか不安な人は、早く病院にいって、診断をつけてもらうのがよいと思う。

 治療する気のない九州大学病院・能丸真司・古谷雄司は診断をつけなかった。「診断をつけなかったどころ」か、計画的に「心不全の診断に必要な検査」をしなかった。BNPは急変死したときの「90歳をすぎた高齢だから、しかたない」の「口実」にする魂胆でやっている。

 九州大学病院:毒殺による急変死偽装の死亡退院が狙い。

 能丸真司:同業者に客を取られたくない。患者が息を引き取るまで金づる(食いもの)にする。

 古谷雄司:職場・職位の安泰。定期収入・昇給の確保。

■ 心不全治療薬の3分類

心ポンプ機能増強薬
利尿薬
血管拡張薬




 書証・資料の散逸防止目的で、製本を作ってきて、確かに「よく揃えた」と思いますが、まだ「要点整理の前段階の状態」で、仕上げるまでには、もう数ヶ月かかりそうですが、時効のない事件で、落ち着いて取り組むことができます。要点整理だけで、あと3冊くらい製本が必要です。いずれにしても、12月は息抜きをします。今年の夏は猛暑で、花の水やりに、毎日2時間かかって、進行が大幅に遅れましたが、いろいろとプラスになりました。通りがかりの人が声をかけてくださるので、気晴らしになりました。それで、2時間が3時間になることもありました。春から夏の植え替え時期には、「おはよう」の声で、時計を見ると、午前5時ということもありました。平穏に「時」が過ぎていきます。

 医学の専門領域に入るまでのことはなく、ペテン・虚偽の「非整合点・矛盾点をつけばいいだけだったかもしれない」と思うこともありますが、やはり、それだけでは説得力に欠けるのではと、自分の頭の中の整理をしながら、今の調子を最後まで貫きます。時間が解決(解明)してくれる面もあります。