2013年09月03日

662





目 次

● 沿革

 








● 久保千春九州大学病院長挨拶

 







第一内科は総合内科ではない。


循環器内科(教授:砂川賢二)も犯罪一味である証拠

閉塞性動脈硬化症は足の動脈硬化で、下肢(足)血管病

専門診療科は血管外科

■ さとう記念病院

臓器移植手術も手がける。

血管外科医は外科手術の高度な技術を必要とする。

血管内科はない。





 補助金は前金で獲得しているから、大学病院に対して疑うことを知らない「人の良い動脈硬化の高齢者と家族」を手玉にとって、「人体実験と癌創薬・癌医薬品製造の材料」に利用した後は、急変死を擬装して殺してしまえばいいの魂胆で、自国民を殺戮している。

 厚生労働省とは黒い関係「補助金(指定)見返り」があるのでは? ここにメスを入れる必要がある。

 九州大学は補助金だけではない。保険からも虚偽申告で国民の納めた保険料から「患者殺し代金」を獲得している。医療マフィアに対しては、アルカポネを獄門送りにした財務省のネス捜査官のように、国税庁の登場を願う。

 厚生労働省は税金を「国民殺戮の鬼畜医師飼育」につぎ込んでいる。

● 犯罪材料取得と犯罪準備

 

 






 本件で急変死偽装工作(ショック)に使った薬がエーザイの「パリエット錠10mg」です。エーザイは本件を知ってから、テレビ宣伝を止めた。

 副作用を懸念する渡辺大介管理薬剤師の助言で、克子が岡田享子に「服用中止の許可をもらう電話」をすると、岡田は「止めたら大変です。止めないでくださいーよ。絶対に服用を続けてください」と、歯軋りし、獣の如きうめき声をあげた。そのうめき声で、父を殺した。

人殺し女殺人瞬間うめき声だった。

趣味:フルートを吹くこと ヨガ 筋トレ

 エーザイには「他社とも話し合って、薬剤使用説明書から『医師がいいと言うまで、勝手に服用を中止しないでくだい』の記載を、今後、しないでください」と、電話で伝えた。

 九州大学病院は医学の進歩についていけない落伍者集団。オウム真理教と同じである。

● 正義が抹殺される島国国家

 現在では、国民が大学病院(圧力団体)で人体実験のマルタにされた揚げ句に、殺害されるまでになった。腐敗の極み。正義の通らない国の末路である。

 




 

言葉がないの惨状である。